学習指導要領

目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報産業を通じ,地域産業をはじめ情報社会の健全で持続的な発展を担う職業人として必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報の各分野について体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報産業に関する課題を発見し,職業人に求められる倫理観を踏まえ合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 職業人として必要な豊かな人間性を育み,よりよい社会の構築を目指して自ら学び,情報産業の創造と発展に主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

各科目

第1 情報産業と社会

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報産業を通じ,地域産業をはじめ情報社会の健全で持続的な発展を担う職業人として必要な基礎的な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報産業と社会について体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報産業と社会との関わりに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報技術者に必要とされる情報活用能力の習得を目指して自ら学び,情報社会に主体的かつ協働的に参画し寄与する態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報社会の進展と情報産業
ア 情報社会の進展
イ 情報社会における問題解決
ウ 情報社会の将来と情報産業
(2) 情報とコミュニケーション
ア 情報の表現
イ 情報の管理
ウ 情報技術を活用したコミュニケーション
(3) コンピュータとプログラミング
ア コンピュータの仕組み
イ アルゴリズムとプログラム
情報通信ネットワークの活用
(4) 情報産業が果たす役割
情報セキュリティ
イ 情報産業の役割
ウ 情報技術者の責務

第2 課題研究

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,社会を支え情報産業の発展を担う職業人として必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報の各分野について体系的・系統的に理解するとともに,相互に関連付けられた技術を身に付けるようにする。
(2) 情報産業に関する課題を発見し,情報産業に携わる者として解決策を探究し,科学的な根拠に基づいて創造的に解決する力を養う。
(3) 情報産業に関する課題を解決する力の向上を目指して自ら学び,情報産業の創造と発展に主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 調査,研究,実験
(2) 作品制作
(3) 産業現場等における実習
(4) 職業資格の取得

第3 情報の表現と管理

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報産業の維持と発展を支える情報の表現と管理に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報の表現と管理について体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報の表現と管理に関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 適切な情報の表現と管理を目指して自ら学び,情報産業の維持と発展に必要な情報の表現と管理に主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報の表現
ア 情報社会と情報の表現
イ メディアの特性とその表現
ウ データサイエンスとデータの表現
エ 情報の発信とコミュニケーション
(2) 情報の管理
ア 情報の管理とドキュメンテーション
イ コンピュータによる情報の管理と活用
ウ 情報の保護とセキュリティ

第4 情報テクノロジー

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報社会を支える情報テクノロジーの活用に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報テクノロジーについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報テクノロジーの利用,開発及び管理などに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報テクノロジーの安全かつ効率的な利用,開発及び管理を目指して自ら学び,情報システムの構築,運用及び保守などに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報社会の進展と情報テクノロジーとの関わり
ア 情報社会を支える情報テクノロジーと情報システム
イ これからの情報社会と情報テクノロジー
(2) ハードウェアの仕組みと活用
ア コンピュータの構造と内部処理
イ 周辺機器とインタフェース
ウ ハードウェアによる情報セキュリティ技術
情報システムを構成するハードウェア
(3) ソフトウェアの仕組みと活用
ア オペレーティングシステムの仕組み
イ 応用ソフトウェアの仕組み
ウ ソフトウェアによる情報セキュリティ技術
情報システムを構成するソフトウェア

第5 情報セキュリティ

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,健全な情報社会の構築と発展を支える情報セキュリティの確保に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報セキュリティについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報セキュリティに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報セキュリティが保たれた情報社会の構築を目指して自ら学び,情報システムの運用と管理に主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報社会と情報セキュリティ
情報セキュリティの現状
情報セキュリティの必要性
(2) 情報セキュリティと法規
情報セキュリティ関連法規
情報セキュリティ関連ガイドライン
(3) 情報セキュリティ対策
ア 人的セキュリティ対策
イ 技術的セキュリティ対策
ウ 物理的セキュリティ対策
(4) 情報セキュリティマネジメント
情報セキュリティポリシー
イ リスク管理
ウ 事業継続

第6 情報システムのプログラミング

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報システムのプログラミングに必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報システムのプログラミングについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報システムのプログラミングに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報システムの開発,運用及び保守を目指して自ら学び,情報社会の発展に向けた情報システムのプログラミングに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報システムの設計
情報システムの要求分析と定義
情報システムのモデル化
情報システムの分割
(2) データ構造とアルゴリズム
ア データの型
イ データ構造
ウ アルゴリズム
(3) プログラミング
ア プログラム言語の種類と特性
イ プログラムの作成
ウ プログラムの統合
(4) 情報システムの開発管理と運用・保守
情報システムの開発工程の管理
情報システムの運用と保守
情報システムのセキュリティ

第7 ネットワークシステム

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,ネットワークシステムの活用に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) ネットワークシステムについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) ネットワークシステムに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) ネットワークシステムの安全かつ効率的な活用を目指して自ら学び,ネットワークシステムの開発,運用及び保守などに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) ネットワークの基礎
ア ネットワークシステムの役割
イ データ通信の仕組みと働き
ウ ネットワークの仮想化
(2) ネットワークの設計と構築
ア ネットワークの設計
イ ネットワークの構築
ウ ネットワークの分析と評価
(3) ネットワークシステムの開発
ア ネットワークシステムを活用したサービス
イ ネットワークサーバの構築
ウ ネットワークアプリケーションの開発
(4) ネットワークシステムの運用と保守
ア ネットワークシステムの運用管理
イ ネットワークシステムの保守
ウ ネットワークシステムのセキュリティ対策

第8 データベース

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報社会を支えるデータベースの活用に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) データベースについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) データベースに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) データの安全かつ効率的な活用を目指して自ら学び,データベースの利用,構築,運用及び保守などに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) データベースと私たちの社会
ア データベースと社会との関わり
イ データベースを支える情報技術
ウ データベースの目的と機能
エ データベースのデータモデル
(2) データベース管理システムとデータベースの設計
ア データベース管理システムの働き
イ データの分析とモデル化
ウ データベースの正規化
(3) データとデータベースの操作
ア データの操作
イ データベースの定義
ウ データベースの操作
(4) データベースの運用と保守
ア データベースの運用管理
イ データベースの保守

第9 情報デザイン

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報デザインの構築に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報伝達やコミュニケーションと情報デザインとの関係について体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報デザインの手法,構成,活用に関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報デザインによる効果的な情報伝達やコミュニケーションの実現を目指して自ら学び,コンテンツやユーザインタフェースのデザインなどの構築に主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報デザインの役割と対象
ア 社会における情報デザインの役割
イ 情報デザインの対象
(2) 情報デザインの要素と構成
ア 情報デザインにおける表現の要素
イ 表現手法と心理に与える影響
ウ 対象の観察と表現
エ 情報伝達やコミュニケーションの演出
(3) 情報デザインの構築
ア 情報の収集と検討
イ コンセプトの立案
ウ 情報の構造化と表現
(4) 情報デザインの活用
ア 情報産業における情報デザインの役割
イ ビジュアルデザイン
ウ インタラクティブメディアのデザイン

第10 コンテンツの制作と発信

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,コンテンツの制作と発信に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) コンテンツの制作と発信について体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報社会におけるコンテンツの制作と発信に関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報社会で必要とされるコンテンツの創造を目指して自ら学び,コンテンツの制作と発信に主体的かつ協動的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報社会とコンテンツ
ア コンテンツの役割と影響
イ メディアの種類と特性
ウ コンテンツの保護
(2) 静止画のコンテンツ
ア 静止画による表現
イ 静止画の編集
ウ 静止画のコンテンツ制作
(3) 動画のコンテンツ
ア 動画による表現
イ 動画の編集
ウ 動画のコンテンツ制作
(4) 音・音声のコンテンツ
ア 音・音声による表現
イ 音・音声の編集
ウ 音・音声のコンテンツ制作
(5) コンテンツの発信
ア コンテンツ発信の手法
イ コンテンツの統合と編集
ウ コンテンツの発信と評価

第11 メディアとサービス

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,メディア及びメディアを利用したサービスの活用に必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) メディア及びメディアを利用したサービスについて体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) メディアを利用したサービスに関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) メディアを利用したサービスの安全かつ効果的な運用と管理を目指して自ら学び,メディアを利用したサービスの設計などに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) メディアと情報社会
ア メディアの機能
イ メディアの活用
(2) メディアを利用したサービス
ア メディアを利用したサービスの機能
イ メディアを利用したサービスの活用
(3) メディアを利用したサービスの役割と影響
ア メディアを利用したサービスと情報社会との関わり
イ メディアを利用したサービスと情報産業との関わり

第12 情報実習

1目標

情報に関する科学的な見方・考え方を働かせ,実践的・体験的な学習活動を行うことなどを通して,情報産業を担う情報技術者として必要な資質・能力を次のとおり育成することを目指す。
(1) 情報の各分野について総合的に捉え体系的・系統的に理解するとともに,関連する技術を身に付けるようにする。
(2) 情報の各分野に関する課題を発見し,情報産業に携わる者として合理的かつ創造的に解決する力を養う。
(3) 情報の各分野に関する課題を解決する力の向上を目指して自ら学び,情報システムの開発やコンテンツの制作及びこれらの運用などに主体的かつ協働的に取り組む態度を養う。

2内容

1に示す資質・能力を身に付けることができるよう,次の〔指導項目〕を指導する。
〔指導項目〕
(1) 情報システムの開発のプロセス
情報システムの開発の概要
情報システムの設計
情報システムの開発と評価
情報システムの運用と保守
(2) コンテンツの制作のプロセス
ア コンテンツの制作の概要
イ 要求分析と企画
ウ コンテンツの設計と制作
エ コンテンツの運用と評価
(3) 実習
情報システムの開発実習
イ コンテンツの制作実習
情報システム分野とコンテンツ分野を関連させた総合的な実習

専門教科.png

添付ファイル: file専門教科.png 126件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-16 (金) 15:27:34 (297d)