授業の概要

教師になるために必要な知識や技能を学習する科目であり,教師とはどんな仕事なのか,自分は本当に教師に向いているのだろうか,ということを学びながら考え,将来,自分が職業として教師を選択するかどうかを熟考する科目でもある。この授業では,教師の意義や役割,教師が抱える問題等に関する学習を通して,自分が教師の在り方に情熱を持って取り組むことができるかどうかについて省察する機会を提供する。

学習目標

教師に必要な知識や技能を身に付ける。

授業計画

  1. なぜ教師をめざすのか
  2. 教職の意義
  3. 教職観と理想の教師像
  4. 教師と教員養成の歴史
  5. 教員の任用と服務
  6. 教師の役割と仕事
  7. 管理職・主任の役割
  8. 教師の職場環境
  9. 教師の資質向上と研修
  10. 教育実習の意義と心得
  11. 教職への進路選択と教員採用選考
  12. 面接・模擬授業にどう臨むか
  13. 演習-1
  14. 演習-2
  15. 総括

授業形態

講義・演習

使用教科書名

教職概論 第3次改訂版

61137_desc.jpg

編著者名

佐藤晴雄

発行所

学陽書房

ISBN

978-4313611375

成績評価方法

  • 試験:30%
  • レポート:40%
  • 平常点:30%
    • 出欠について
      • 遅刻・早退は欠席0.5回に換算する
      • 30分以上の遅刻は欠席とする
      • 30分以上の早退は欠席とする
      • 欠席5回相当超越で原則的に単位不認定

その他

学生の理解度や進捗状況により,授業計画を動的に再配置することがある。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-12 (月) 11:48:43 (3606d)