教師論

教師と教員養成の歴史

師範学校と教師の誕生

師範学校の創設

  • 手習い的カリキュラムに基づく個別教授法から,近代的な教科カリキュラムによる一斉教授法へ
  • 1872(明治5)学制公布
    • 小学校教員
      • 20歳以上
      • 師範学校卒業免状または中学免状
    • 中学校教員
      • 25歳以上
      • 大学免状
  • 同年,官立師範学校(翌年,東京師範学校に改称)
    • アメリカの教授法
  • 1874(明治7)女子師範学校
  • 1880(明治13)改正教育令
    • 師範学校卒業証書
      • 師範学校卒業証書の有効期限限定主義は,品行要件を含む教員資格の改善を意図
    • 免許状
      • 1884(明治17)検定によって免許状を授与
      • 検定制においても教師の品行を重視

免許状主義の誕生と師範タイプの形成

  • 1885(明治18)第3次教育令
    • 免許状に一本化
      • 免許状主義
      • 1890(明治23)から終身有効
  • 1886(明治19)師範学校令公布
    • 教員が備えるべき気質
      • 順良
      • 信愛
      • 威重
    • 高等師範学校
    • 尋常師範学校

教員養成機関の多様化

  • 1897(明治30)師範教育令公布
    • 高等師範学校
    • 女子高等師範学校
    • 師範学校(旧・尋常師範学校)
    • 私費による入学
  • 1902(明治35)
    • 臨時教員養成所
  • 師範学校卒業生は教師になる義務
  • 1943(昭和18)師範教育令改正
    • 官立に移管
    • 皇道の道に則って国民学校の教師を練成
  • 1949(昭和24)国立学校設置法
    • 学芸大学(教育大学)
    • 学芸学部(教育学部)

戦前の教師たち

  • 明治前期
    • 士族
  • 明治30年代以降
    • 農民層
    • 学費等を公費で賄う
    • 就職の保障
  • 給与
    • 1910(明治43)
    • 判任官
      • 35円/月
    • 小学校本科教員
      • 20.9円/月
    • 経済的に低位な待遇
  • イメージ
    • 着実
    • 真面目
    • 親切
    • 偽善
    • 卑屈
    • 融通が利かない
    • 恐い存在
    • 1部出身
      • 融通の利かない堅物
    • 2部出身
      • 融通性と広い視野を持つ

戦後の教員養成制度

戦後の教員不足と「開放制」の発足

  • 退職教員の再採用
  • 免許状を所有しない助教を多数採用
  • 1947(昭和22)教育刷新委員会建議
    • 「開放制」導入
      • 一般大学でも必要な単位を授与することができる
      • 各都道府県の国立大学には必ず学芸学部/教育学部を設置
      • 2年制の養成課程
      • 臨時の教員養成所
  • 小中学校教師
    • 教員養成大学/学部
  • 中高等学校教師
    • 一般大学/学部
  • 1971(昭和46)給与等特別措置法
    • 基本給の4%の教職調整額
  • 1974(昭和49)人材確保法
    • 一般公務員より30%高給
  • 昭和40年代終わり頃から供給が需要を大きく上回る状況

教員免許法の大改正

  • 1988(昭和63)教育職員免許法改正
    • 区分変更
      • 専修
      • 1種
      • 2種
    • 履修単位数の増加
    • 特別非常勤講師制度の新設
      • 社会人の活用

教員養成の現状

  • 1997(平成9)教養審第1次答申
    • 教職教養を重視
      • 教科に関する科目を半減
      • 教職に関する科目の比重を高める
    • 各大学の自主性を重視
    • 教職の意義等に関する科目
      • 「教師とは何か,教職とは何か」
    • 総合演習(教育実践演習)
      • 人間・人権の尊重,地球環境,異文化理解,少子高齢化と福祉,家庭のあり方,etc.
      • 演習
    • 教育実習
      • 延長
    • 教職に関する科目の一般教育科目等への代替も可能
  • 1998(平成10)介護等体験特例法
    • 小学校又は中学校
  • 2006(平成18)中教審答申
    • 教職実践演習の創設を提言
      • 使命感,責任感,教育的愛情
      • 社会性,対人関係能力
      • 幼児児童生徒理解,学級経営
      • 教科・保育内容等の指導力

教員免許制度改革の動向

  • 2002(平成14)中教審答申
    • 10年経験者研修の導入
    • 免許状失効措置の強化
      • 翌年度から施行
  • 2006(平成18)中教審答申
    • 免許更新制を提言
      • 有効期限10年
      • 免許更新講習を受講し,修了の認定を受ける
      • 講習時間は最低30時間程度
      • 回復講習
      • 2008(平成20)から更新講習実施

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-10 (月) 12:36:43 (3482d)