研究室日記

31(土)
ジョーシン09秋に参加した。文部科学省の情報教育係が初等中等教育局から生涯学習政策局へ今春より移っていたという事実を今日まで知らなかった。ローマ字の学習が小学4年から3年に下がったこと,補正予算は電子黒板関係の執行を停止したこと,特別支援教育におけるICTの活用推進などが紹介された。特別支援教育については,僕自身も今後取り組んで行きたいと考えているところだ。
筧先生の情熱には毎度元気をもらう。
黒田先生は(IPSJ的でない)教育工学的視点で,情報の多義性の功罪について話された。
覚前先生は現場の醍醐味を話された。黒田先生の多義性の話に通じる部分もあった。
小泉先生はCECの調査結果について紹介され,また,次期学習指導要領に基づく教科書への期待を述べられた。
大橋先生も,教科書への期待を述べられるとともに,覚前先生同様,情報科教員の現状について意見を述べられた。
昼食はメーヤウの5つ★激辛チキンカレーを食べた。4つ★の前回より衝撃は少なかったが,辛さは究極だった。
懇親会に30分ほど出て,HNDから帰阪した。
30(金)
こどもは今日から学校に行った。
IPAに委託事業取得財産調査報告を行なった。
科研費の申請書をとりあえず作成して提出した。
N氏と栄ちゃんへ行った。ゆっくりじっくり話をすることができた。
29(木)
情報の管理と活用(第4回)は,数値分析Iについて演習を行なった。
科研費の申請書作成を進めた。
JGC CRYSTALカードが届いた。
28(水)
情報通信ネットワーク(第4回)は,IPアドレスの概要について指導した。
情報社会専門演習(第19回)は,論文指導を行なった。微妙に前進しているが,このペースでは厳しい。
特別活動の指導法(第4回)は,野外活動の具体的な企画運営に関する作業を開始した。
CE102のプログラムを確定した。
27(火)
HoneyとこどもがFLU-Aでダウンしているので,終日家にいた。
26(月)
コンピュータ入門(第4回)は,数値分析Iについて演習を行なった。
情報活用B(第4回)は,数式と関数を使った計算の演習を行なった。
総合演習(第5回)は,2班に分かれてロール・プレイを行なった。戸惑うところもあったが,全般的にはうまく進んだと思う。
教育工学会で採録決定したショートレターの最終原稿を送付した。
25(日)
Honeyも発熱。僕だけ至って元気。
24(土)
こどもにFLU-A宣告。
情報教育法II(第4回)は,DNCの情報関係基礎第3問PENを使って理解させるという模擬授業の学習指導案について指導した。また,大プ会七で発表する内容について,方向性だけ決めた。
AAが,先日のトラブルのお詫びだといって20,000マイル付与してくれた。これでJALにも乗れることがわかり,嬉しい限りだ。
23(金)
こどもが発熱したので病院に連れて行った。明日,再度連れて行く予定。
22(木)
情報の管理と活用(第3回)は,情報運用について講義と演習を行なった。
教授会に出席した。
こどもの学校がインフルエンザのために学年閉鎖となったため,早めに帰宅した。
21(水)
朝から吹田市自然体験交流センターへ行き,施設利用についての相談を行なった。
情報通信ネットワーク(第3回)は,OSI参照モデル,TCP/IPの概要,LAN内通信とLAN間通信などについて指導した。
情報社会専門演習(第18回)は,論文指導を行なった。1歩進んで半歩下がっている感じか。
特別活動の指導法(第3回)は,野外活動の企画運営を実際に行なうことを通して学習を進めていくことになった。
大阪電通大で行なわれた大プ会五に遅刻して参加した。新川先生の講演は最後の方を少ししか聞けなかったが,それだけでも目から鱗がいっぱい落ちた。
・リ・ハビリテーションにとどまらず,ハビリテーション=新しい能力の獲得を目指すべき。
・人間はすぐに順応できるようになる。
・福祉機器は特殊なものに限定せず,真のユニバーサルデザインにすべき。
・「福祉」にネガティブなイメージは本来なく,後から差別的に付与されてしまった。
・本人には見えなくても,他人から見えるようなもののデザインを等閑にしてはいけない。
などなど,開発したヒューマン・インターフェイス機器のビデオを見ながら説明されると激しく納得する。最初出合った時から感じているが,鳥肌が立つくらい凄い人だ。その後の懇親会では席が離れていたこともありあまり話す機会がなくて残念だったが,これからいろいろ勉強させていただきたい。
帰宅途中のモノレールで寝てしまい,万博記念公園から自宅まで歩いて帰る羽目になった。8km弱の道程だった。
20(火)
SSS2009の経費精算が完了したので学会事務局へ残金を送金した。
来月のBOS行きの座席指定を電話でAAに依頼した。AAに電話して腹が立たない対応だったのはこれが初めてかも知れない。
CE102の発表申し込みが予定数を超過したため,受付を早期終了した。
19(月)
10時過ぎにNRTに到着し,11:05発のリムジンバスでHNDに移動した。快適だった。13:30発の飛行機でITMに移動し,さらにモノレールとバスを乗り継いで大学へ行き,授業を行なった。
総合演習(第4回)は,ディベート,ロール・プレイ,スピーチ,ワークショップ,ブレインストーミングについての講義を行なった。
「JALで飛ぼう!10,000マイルキャンペーン」で10,000マイルが当たった。ちょっと前にはTOKYO Direct Accessで10,000円の旅行券が当たったし,QuiCではクォーターパウンダー賞やビッグマック賞が頻発するし,JAL系に限っては当たり運がいいようだ。
18(日)
早朝5時にwake-up callがあり,6時にバスでANCに向かった。空港ではトナカイのソーセージ入りうどんを食べた。これがなかなか美味しかった。$10.50也。
17(土)
順調にJFKに着いた。サテライト側のAdmirals Clubへ行ったら,ベーグルも置いてあった。ここでもシャワーを浴びてすっきりしてからビールやらワインやらを飲んで,AA167に乗った。全て順調…のはずだったが,ベーリング海に差し掛かるあたりで急遽引き返してANCへ緊急着陸した。燃料を捨てると機長からアナウンスがあったので,念のため,遺言(というより諸連絡)を書いてみた。飛行機は無事に着陸したものの,左エンジンの故障が直らず,今夜はAnchorageのThe Hotel of Captain Cookに泊まることになった。いつかはAnchorageに来てみたかったが,こんなに早く実現するとは思わなかった。ボールルームで夕食を食べた後,アラスカ鉄道の駅を見に街に出た。日本では見かけなくなったスパイクタイヤを履いている車が多かった。道路に氷雪はまだないものの,息は白いし,駐車している車は凍っていた。アラスカ鉄道会社の建物を覗いていたら警察官がやってきて職務質問を受けた。そりゃ夜中にそんなことしてればぁゃιぃわな。ホテルはInternetが使える環境だったので各方面に連絡したり,写真をアップしたりできたので助かった。
16(金)
朝食を食べていたら日本人が何人かいた。Sao Pauloの日本人学校の中学2年生の修学旅行だった。
チェックアウトを済ませ,バスで空港に行ったのだが,通勤時間帯でバスの乗り継ぎがもの凄く順調だったため,1時間半かからずに着いた。帰路もまた,親切な青年がバスを教えてくれた。
FLNの空港ではすることがないので空港の内外を散歩したりして時間を潰してから,GOLでGRUへ飛んだ。これまた隣席が空いていたので楽な移動だった。GRUにはお昼過ぎに着いたが,check inは16:30からということで,空港内を徘徊して時間を潰した。マクドで軽く食事をした。check inしてからAdmirals Clubに入ったら,GRUは食事もあって,飲み物もフリーだった。ちょっと居眠りをしてから,AA950に乗ってJFKに向かった。
15(木)
ろくに準備もしないで発表当日を迎えた。朝ごはんを食べてから,一度発表時間を計測した後に会場へ入った。予想はしていたが,聴衆はぱらぱらしかいなかった…カンペ見ながら発表を行ない,デモンストレーションもやった。実際にデモを行なったのはよかったと思うが,質疑応答がぼろぼろで英語の勉強をせなあかんと改めて痛感した。
夜にスーパーでお土産の買い物をしてから,屋台みたいな(と言っても福岡にあるような本格的な)ところで食事をした。
14(水)
Sao PauloからはGOLに搭乗するのでラウンジが使えず,時間を持て余したが,微弱ながら漏れ電波を拾えたのでメールの送受信ができた。
GOLでFlorianopolisに着いて,空港のバス停にいた親切な青年に案内してもらってバスを2回乗り継ぎ,Jurere Beach Villageに着いた。とても時間がかかった。
ホテルはとても快適で,水泳パンツを持ってくるんだったと後悔した。
ちょっと寝てから,ホテル近くの(おばちゃんがやってる)restauranteで晩ごはんを食べて寝た。
13(火)
京成特急でNRTに着き,サクララウンジに半日以上滞在して,食事をしたり,お酒を飲んだり,足つぼマッサージをしてもらったりしながら,EduTechの発表資料を作成した。
来年度のCE研開催会場がほぼ内定つつある。
教育工学会ショートレターの採録通知が届いた。まず間違いないとは思っていたが,正式に連絡を受けてほっとしている。
AA168は空いていたので2席使って楽に移動できた。
JFKではAAのAdmirals Clubでシャワーを浴びてさっぱりしてからAA951に搭乗した。ほぼ満席だったが,たまたま隣席の人が他の席に移ったので楽な移動だった。
12(月)体育の日
世間は3連休だが,勤務校は平常授業日だった。
コンピュータ入門(第3回)は,情報運用について講義と演習を行なった。
情報活用B(第3回)は,数式と関数を使った基礎的な計算の演習を行なった。
総合演習(第3回)は,総合演習の目的とねらい,総合演習の評価,教師の職務と演習・ディスカッションの講義を行なった。
バスで千里中央に出てからITMへ行き,最終便でHNDへ飛んだ。そして,上野広小路にあるカプセルホテルに泊まった。2500円で生ビールまで付いていた。
11(日)
こどもを公開模試受験会場まで連れて行った。
風邪を引いて体調がよくないので薬を飲んで早めに寝た。
10(土)
大阪市立大学で行なわれたCE101に参加した。来年度のCE研の幹事団も運営委員会で決まった。
9(金)
夜,組合関係で弁護士事務所を訪問した。
某所に書類を送付した。
8(木)
暴風警報の解除が遅れたため,午前中の授業は休講になった。
午後から情報・経済クラスター会議に出席した。
アタック25予選会の案内が来たが,ブラジル行きと重なっていて参加できない。残念だ。
7(水)
情報通信ネットワーク(第2回)は,基本的なネットワークの形態,ネットワークを構成する装置,プロトコル,ネットワークアーキテクチャの概要について指導した。
情報社会専門演習(第17回)は,中間発表を行なった。
特別活動の指導法(第2回)は,学習指導要領改定の経緯,特別活動改訂の要点について講義した。
6(火)
こどもとスタジオジブリ・レイアウト展をサントリーミュージアム[天保山]へ見に行った。もの凄い人だった。
5(月)
コンピュータ入門(第2回)は,情報検索について演習を行なった。
情報活用B(第2回)は,データの編集/グラフの基本について演習を行なった。
総合演習(第2回)は,教育改革と「総合的な学習の時間」について講義した。
4(日)
順延になったこどもの小学校の運動会を参観した。とても暑かった。こどもは一所懸命がんばっていた。午前中にあった某会議は欠席した。
大プ会の日程を一部変更して確定した。
3(土)
こどもの小学校の運動会は中止になったが,テニス教室(第5回)はあった。サービスやスマッシュの練習を行なった。
O大教務から呼び出され,学外授業に関して尋問があった。教育的配慮と効果について主張した。
情報教育法II(第3回)は,DNCの情報関係基礎第3問PENを使って理解させるという模擬授業の学習指導内容について指導した。
その後,某会議に終了間際から参加し,懇親会に出た。
2(金)
M大兼任講師のための書類を作成した。
1(木)
情報の管理と活用(第2回)は,情報検索について演習を行なった。
専門基礎演習II(第2回)は,ドリトルの入門から,図形を描いたり,色を塗ったり,ボタンオブジェクトでタートルの動きをコントロールしたりした。前回の反省から,最新のJavaをインストールしたノートPCを使ったので順調に動いた。学生もプログラミングのおもしろさの一端に気づいたのではないかと思う。次回は,チャットを中心に演習する予定。
学科会議に出席した。
夕刻から教育研究懇話会に出席した。カウンセリングの終い方について参考になった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-02 (月) 18:23:09 (2736d)