研究室日記

30(火)
AEONお客様感謝デーを待って,狙っていた廃番処分のアタッシュケースを朝から買いに行ったら,既に売り切れでショック…それよりはかなり高かったけど,COMME CA ISMのビジネスバッグを2割引で買った。
鉄心塾は,演算と精度,集合と論理演算などを解説した。
29(月)
教育実習(第14回)は,実習生の気持ちが生徒に伝わり,鏡のようにそれが現れることや,進路のことについて指導した。
情報活用B(第10回)は,表計算における条件分岐や検索参照関数などについて演習した。
情報活用A(第10回)は,プレゼン課題の作成を行なった。
教職概論(教師論)(第10回)は,教員の資質向上と研修について輪講させた。Google Docsで作ったプレゼン資料はなかなかよくできていた。
28(日)
義兄夫婦や義母とともに家族で,ホテル日航茨木大阪の桃李でプリフィクスランチを食べた。とてもこの値段とは思えない豪華なものだった。ぐるなびで1割引になったが,JGCでも1割引になるそうだ。やはりJGCはいろんなところでお得だ。
日中教育工学研究推進フォーラムに投稿した論文が採択された。
27(土)
HoneyのJ-PHONEケータイをとうとう3Gに機種変した。
情報教育法I(第10回)は,ScratchSqueakDolittleのプログラミング演習を行なった。システム環境がよくわからなかったので不安だったが,ScratchとSqueakは「マイドキュメント」に展開したら何ら問題なく使えた。インストールはすぐできるので,一般の高校のPC環境でも各自のフォルダに展開させれば授業での利用に問題はなさそうだ。Scratchは猫スプライトのダンス,Squeakは車の運転と,お約束通りのものをやった。Dolittleは動作に不安がなかったので〆にもってきたのだが,ここで足元をすくわれた。外部接続する際,いちいち学内ネットワークの認証を求められるのだが,Javaが外と通信しようとする際にきちんと認証画面に切り替わらず,止まったままになってしまった。ブラウザを再起動して,オンライン版ドリトルのページに遷移したら認証画面に切り替わり,動かすことができたが,それがわかるまでに時間を要してしまった。当初はインストール版を使おうとしたのだが,1.6が入っているはずなのにうまく使えず,仕方なくオンライン版に切り替えてやろうとしたのに,Java起動画面で止まったまま…みたいな感じだった。今日は全部を体験させることが目的だったので,とりあえず予定した内容がこなせてよかった。次回は言語を選択して模擬授業を行なう。
改めて思ったのはScratchの直観的理解容易性だ。制御構造が,視覚的に理解しやすいし,書式的におかしなものは形が違うためそもそもタイルがはまらない。また,Squeakでよく言われる「絵描きに没頭」の危険性も少ない。かと言って,自由度がないかと言えばそんなことはなく,描こうと思えば描けるけど,とりあえず必要なパーツは揃っているから,その選択だけで済む。単純な比較はできないが,小中学校においてアルゴリズムとプログラミングの初歩を指導するというシーンにおいては,Scratchに分がありそうだと今日もまた感じた。
26(金)
JICAのボスニア・ヘルツェゴビナの教員研修講義が正式に決まった。
夜は組合関係で弁護士事務所に赴き,今後の対応について協議した。
その後,新旧の委員長と副委員長で飲食しながら情報交換を行なった。
25(木)
情報システム(第10回)は,ソフトウェア,ハードウェア,ヒューマンインターフェイス,マルチメディアについて学生に解説させた。とてもよく勉強していて毎度感心する。
業者対応をした。
某学会誌の原稿執筆依頼を正式にいただいた。
24(水)
情報社会専門演習(第8回)は,先行研究調査について継続指導した。
某査読結果が通知された。予想通りの指摘であり,しっかりした査読をしていただけたと感謝している。
23(火)
大プ会弐に参加した。高橋先生のSqueak教材はよくできていて,あのような教材を広く共有できたらいいなと感じた。松本ホチキス先生の内容は,「毎時間4観点評価」「実習は化学実験の如く事実を確認させるようなものであるべき」「授業におけるインターネット接続は今から勉強しようとしている生徒の前に漫画本を積むようなもの」「情報科の教員は情報教育設備の管理をして把握すべき」などなど,とても勉強になった。
22(月)
教育実習(第13回)は,学生が休んだ。と思ったら,現場実習に行っていた。
情報活用B(第9回)は,表計算の入力規則設定や条件付書式などについて演習した。
情報活用A(第9回)は,プレゼンテーションの応用について演習し,プレゼン課題に取り掛かった。
教職概論(教師論)(第9回)は,教師の職場環境について輪講させた。なかなかよく準備していた。
明日の大プ会弐の第2部会場を予約した。
21(日)
校区スポーツ親善大会と通常のソフトボールの指導で,朝8時から夕方5時過ぎまでグラウンドにいた。僕自身は結構楽しんだが,こどもは午後の練習がB組に入れられ,不憫だった。
20(土)
午前中はテニス教室(第10回)に参加した。最終回ということでチームに分かれて試合をした。サービスも結構決まり,とても楽しかった。
情報教育法I(第9回)は,情報科教育法改訂2版の第4章「情報の科学的な理解の指導法」のを輪講した。授業で指導すべき「楽しさ」「おもしろさ」などについて議論した。次回は,DolittleSqueakScratchなどのプログラミング演習を行なう予定だ。
19(金)
K高校の情報の授業を水曜に続いて見に行った。今日の作品は無難なものが多かった。
大学へ戻って,SSSやジョーシンや大プ会などの庶務や,日中教育工学フォーラムに投稿する論文の追加記述,補助金申請準備などを行なった。
18(木)
情報システム(第9回)は,コンピュータ構成要素やシステム構成要素について学生に解説させた。やはりよく勉強している。
教授会に出席した。
期限を2日過ぎて某査読報告を提出した。
17(水)
K高校の情報の授業を先週に続き見に行った。今日はGIFアニメ作品発表を行なったのだが,感心するものもあった。おもしろ過ぎて涙の出るものもあった。
お昼にHoneyと合流して,ランチデートしてから内田洋行のNew Education Expo (NEE)に行った。「ニンテンドーDS教室」「新学習指導要領における情報科の内容とその意味」のセミナーに参加した。
DSは個別学習ツールとしては非常に有効なツールだが,教室における集合教育においては,
・黒板やホワイトボード,プロジェクタなどがあるにもかかわらず,狭い画面を凝視させる
・ノートなら各自の学習記録が残るにもかかわらず,DSで書き取りなどの練習をさせる
・教室での意思表示は挙手などで行なえばよく,それができない子や周囲の子にはそれができるように指導することこそが教育であると考えるが,できないことを是認してDSで意思表示をさせる
などなど,教育の何たるかを全く理解していないと言わざるを得ないものであった。
さらに,システムトラブルで25分ほど開始が遅れたが,小学校なら1校時の半分以上に相当し,現場で起きれば致命的である。
挙句の果てに,2時間のセミナー時間のはずが,実際には40分程度で終わってしまい,このためだけにわざわざやってきたHoneyのような参加者に失礼極まりないものであった。
企業展示では,パイオニアの電子黒板があちこちでやたら目に付いた。
会場でM氏に会っていろいろ意見の交換ができた。
その後,今日の来場目的である,尚美の小泉先生,文科省の永井先生,社(前神戸甲北)の山上先生,西宮今津の佐藤先生,羽衣の米田先生という,豪華布陣の講演を聞いた。
小泉先生が全体をコーディネートされ,学習指導要領の読み方を解説された。新学習指導要領の「情報の科学」のシェアについては楽観視されていた。
永井先生は,「解説本」公表前なので苦しそうな話しぶりだったが,中学校「技術・家庭」と合わせて考えることや,「情報B」を嫌っているのが誰なのかを考える必要性を強調されていた。
佐藤先生は,普通科でも情報の学習系統(選択科目)をしっかりもてることや,単位制における異学年混合授業の意義などをお話しされていた。岡本先生派らしく「骨太の情報教育」という表現を多用していた。日本情報科教育学会の宣伝も確りされていた。
山上先生は,やはり説得力と迫力がある。「役に立つこと」ではなく「如何におもしろいか」を教員が指導しなければならないことや,科目選択については教員の思いを生徒が敏感に感じ取るというお話しをされた。
米田先生は,私学における情報科の現状や教員間のネットワークを築くことが重要であるというお話しなどをされた。
NEE参加の合間に,更新パスポートの受領に行ってきた。今までの渡航歴が気になったので調べてみたら,
1999:1月グアム,7月フィリピン
2001:1月韓国
2005:11月チェコ・フランス
2006:2月アメリカ,6月韓国,7月アメリカ・メキシコ
2007:10月韓国,11月ニュージーランド,12月オーストラリア
2008:6月イギリス・ポーランド,8月韓国
2009:2月台湾
という感じだった。これより前には,オーストラリア,ニュージーランド,タイ,インドネシアなどに渡航しているはずだ。
16(火)
午前中に社会福祉協議会へ行ってこども会スポーツ大会の保険加入手続きをした。
久しぶりに鉄心塾を行なった。数値表現や非数値表現を指導した。
ILAカンファレンス2009や,SSS2009の庶務を行なった。
15(月)
朝から,街頭交通指導を行なった。セイフティー・ボランティアの方が毎日立って下さるからいいようなものの,交通量が多く,こどもたちにとってとても危険なところがたくさんあることを思い知らされる。
教育実習(第9回)は,教育実習期間を終えて,現場で学んできたことの報告をさせた。
情報活用B(第8回)は,表計算とワープロでのデータ差込について演習した。
情報活用A(第8回)は,プレゼンテーションの基礎について解説した。
教職概論(教師論)(第8回)は,管理職・主任の役割について輪講させた。他人に伝える難しさを身に沁みて感じたのではないだろうか。
CE100の庶務を行なった。
くろちゃんまた隔離塩水浴。入退院を繰り返している。
14(日)
こどもが体調不良でソフトボールの練習を休んだので,僕も一緒にのんびり過ごした。
13(土)
午前中はテニス教室(第9回)に参加した。ゲーム形式の練習を楽しんだ。
情報教育法I(第8回)は,情報科教育法改訂2版の第3章「情報活用の実践力の指導法」の後半を輪講した。小・中・高等学校で指導すべき「情報」の内容について議論した。
夜は,WebEx?を使って,ILAの運営委員会に出席した。Google Chromeでは使えないことが最初わからず,遅刻した。IEやFirefoxでは問題なく使えた。ただ,Skypeでも充分かなという気がした。
くろちゃんが転覆病になり,年齢的にも覚悟していたが,1週間ほど絶食&塩水浴をさせたら見事に復活した。めでたい。(いや,目出鯛ではなくて出目金なのだが…)
12(金)
コンピュータ演習室のカラープリンタを移設し,設定を整理した。また,サーバーのセキュリティポリシーを設定して,印刷に関する警告文を表示するようにした。
今夜もこどもに歴史クイズを出してみた。わが子ながら,やっぱりこの凄さは本物だ。
11(木)
情報システム(第8回)は,基礎理論やアルゴリズムとプログラミングについて学生に解説させた。よく勉強している。
情報・経済クラスタ会議に出席した。
夜,歴史好きのこどもに歴史クイズを出したら,僕の知らない答えをすらすら答えていた。大したもんだ。
10(水)
朝から,K高校で行なわれている教育実習の現場指導に行った。前回に比べればずいぶんよくなっていた。
その後,パスポートの更新申請を行なってから,久しぶりに天五のすし政でお寿司を食べた。
卒業生のOが訪問してくれた。
情報社会専門演習(第7回)は,先行研究調査について継続指導した。論文の読み込み方が甘いので,要約をまとめるよう指示した。
9(火)
先日の臨時組合大会で決議した抗議文を理事長に手交しようとしたが,前日に引き続き不在だったので,大学事務局長に負託した。
非組合員にも連帯を呼びかけた。
8(月)
情報活用B(第7回)は,表計算とワープロでのデータ連携活用について演習した。
情報活用A(第7回)は,ワープロのレイアウト機能の活用について演習した。
教職概論(教師論)(第7回)は,教師の役割と仕事について輪講させた。一所懸命勉強してきたことはよくわかった。他人に伝えることの難しさを実感できたのではないか。
7(日)
ABCアネックスで行なわれたアタック25予選会に参加した。予想以上に解答できて,もしやと期待したが,世の中そんなに甘くなかった。欠席率も筆記試験合格率もともに1割程度だった。
6(土)
午前中は2時間こどもの授業参観を行なってから,下校時引渡し訓練に参加した。
情報教育法I(第7回)は,昨日の教育実習参観について検討・議論をしてから,情報科教育法改訂2版の第3章「情報活用の実践力の指導法」の前半を輪講した。
夜は,校区こども会大会の指導者会議に出席した。
5(金)
朝から,OK大学の学生2名とともに,K高校で行なわれている教育実習の現場指導に行った。指導案はよかったが,肝心の指導方法がよくなかったので,授業後の研究協議でその点を指摘した。次回訪問時によくなっていることを期待している。
その後大学に戻り,情報委員会に出席した。
夕刻は,組合の臨時大会を開催した。
4(木)
情報システム(第7回)は,サービスマネジメントについて学生に解説させた。毎度とてもよく勉強している。
学科会議に出席した。
文科省のICT活用推進事業に係る計画調書を完成させて送付した。
USJサマー・バケーションのプレス・イベントの情報を入手した。
3(水)
学内LANの調整のため,7:30に大学へ行った。
その後,組合関係の対応を行なった。
情報社会専門演習(第6回)は,先行研究調査について継続指導した。順調に論文検索とその読み込みができているようだ。
夕刻から,文科省のICT活用推進事業に係る計画調書を作成した。
2(火)
CE100の原稿コメントを出した。
夕刻から,組合委員長として府労働委員会の斡旋協議(第5回)に出席した。不調打ち切りとなった。
そのまま,大学へ戻り,組合通信の記事を書いたり,抗議決議文の草案をまとめたりした。
1(月)
JSiSE関西支部の暫定MLの更新作業を行なった。これが僕の事務局担当としての最後の仕事になる。
教育実習は,今日から現場実習に入った。インフルエンザ騒動の影響も若干は残っているが,予定通り開始できてほっとしている。
情報活用B(第6回)は,表計算のグラフの応用について演習した。
情報活用A(第6回)は,ワープロの図形描画機能やレイアウト機能の活用について演習した。
教職概論(教師論)(第6回)は,教員の服務,身分保障と分限・懲戒,勤務条件について講義した。いよいよ次回から輪講になる。
夜は,組合関係で弁護士事務所を訪問し,明日以降のことについて打ち合わせをした。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-30 (火) 16:06:43 (2973d)