研究室日記

31(金)
富士通キッズイベント2009の前日打合せに参加した。後の便で来る先生方を待ってHNDで合流し,富士通川崎工場へ行った。打合せは21時過ぎまで行なわれ,この期に及んで内容の検討を行なっていることに不安を覚えた。その後,軽く飲食するつもりが,結構しっかりいただいてしまった。
30(木)
クリスマスレクチャーに参加した。コンピュータの特徴を,まったく異質な,しかし目に見える身近なモノを使った実験を通して体感させる手法には迫力と説得力を感じた。CS Unpluggedと考え方は同質だと思う。小学校の理科実験などでこれができれば,将来科学者を目指すこどもが増え,そのことでこの国にとって大きな財産になるのではないかと感じた。ただ,膨大なお金と仕込みが必要で,学校現場で実践するにはCS Unpluggedのような手軽なモノでないと難しいだろう。
29(水)
情報社会専門演習(第12回)は,中間論文の内容について指導した。
某書類を作成し,送付した。
28(火)
教員免許更新講習の講義資料と試験問題を作成して送付した。
27(月)
週末につくったJICAでの講義資料を朝に完成させ,送付した。
情報活用B(第14回)は,表計算におけるマクロについて課題演習を行なった。ほとんどの学生は順調だったが,一部の学生はやはりてこずっていた。
情報活用A(第14回)は,DTPの課題作成演習と相互評価を行なった。
教職概論(教師論)(第14回)は,教育基本法,学校教育法,次期学習指導要領の総則などについて講義した。
26(日)
こども会のソフトボール指導を行なった。
25(土)
情報教育法I(第12回)は,前回休んだ学生Scratchの模擬授業を行なった。Scratchのバージョンが上がっていた。その後,2人の学習指導案を指導した。流石に,初めて書いたとあって酷いものだった。
24(金)
情報システム(第14回)は,情報セキュリティについて学生に解説させた。やはりよく勉強している。
昼休みに,組合の執行委員会を行なった。
もう廃止されたんだと思っていたバーゲンフェアが,ずいぶん派手に復活して驚いた。
23(木)
大プ会参に出席した。ホチキス先生の
・毎時間の観点別評価は可能
・授業内容の統一は可能
・問題解決型であるべき
・自己表現型であるべきではない
・授業中のインターネット接続は制限すべき
・授業においてWeb検索は使うべきではない
・教科書を使うべき
・コンピュータを正面から扱うべき
・コンピュータの管理を教員がすべき
・ネットデイは役に立たない
という主張に聴衆がどの程度納得したかというデータは興味深かった。
大阪電通大の松村先生と,清教学園の竹中先生のお話は,ともに「がんばっているところ・先生はやっぱりがんばっている」ということを改めて実感できた。また,生徒や学生の「やる気」を起こさせる工夫など,「先生のやる気」を感じた。
松村先生の,笑いと健康に関する科学的検証もとても興味深かった。
22(水)
情報社会専門演習(第11回)は,中間論文の組み立てについて引き続き指導した。また,中間発表会を10/7に行なうことを決定した。
ある先生のデータがおかしいので.xlsファイルを見せてもらったら,「=SUM(C3:Q3)」とするべきところが「=C3+D3+E3+F3+G3+…」となっていて,お約束通り途中でセル番地がずれていた。大学教員がこの程度のデータ処理をできないという現実に衝撃を受けるとともに,このレベルからの教育を考えねばならないと改めて感じた。ゼミの学生の研究テーマの1つが「大人の情報教育」なので,その指導の中で僕自身確り考えたい。
この週末に飛行機に搭乗した分の獲得マイルは,「通常分」+「旅プラス」+「JGC」+「ツアープレミアム」+「家族プログラムキャンペーン」になっていた。特に最後のキャンペーン分のものが大きい。海外などへ飛べばもの凄いボーナスになる。
21(火)
祖母の葬儀に参列した。あと1年半で100歳だった。
往路は新ACE 22600系,復路はVista EX 30000系階下席に乗った。
20(月)海の日
今日は通常授業日なので,ITMから大学へ直行した。
情報活用B(第13回)は,表計算におけるデータベース機能やマクロについて演習を行なった。
情報活用A(第13回)は,DTPの課題作成演習を行なった。
教職概論(教師論)(第13回)は,面接・模擬授業にどう臨むかについて講義した。
19(日)
某所の会議に出席した。人的ネットワークが広がってよかった。
18(土)
パークの達人としてUSJのプレス・イベントに参加した。HDR→JAWS→HDR→HDR→SPM→JP→WSP(PI)→WW→BTTF→PP→HDR→T2→SPM→HDR→MSP(PI)とまわった。パー達のMさんがとうとうHDRデビューを果たした。
17(金)
情報システム(第13回)は,教育実習に関する議論を行なった後,ネットワークについて前回の積み残しを学生に補足解説させた。
16(木)
「平成21年度高等学校新教育課程説明会(中央説明会)」情報部会の2日目はマイドームおおさかで行なわれた。
学習指導要領における「情報モラル」は「情報社会で適正な活動を行うための基になる考え方と態度」と定義されている。あまりに漠然とした定義だ。
「社会と情報」の(4)ウの問題解決は,教科書において総括的演習として設定するのがいいような気がする。
「社会と情報」は参画する態度,「情報の科学」は寄与する能力と態度をそれぞれ育てることが目標になっている。すなわち,前者は「利用者側」で,後者は「提供者側」ということになり,「情報の科学」の方がより踏み込んだ内容になるだろうとの見解だった。
専門教科情報科の想定単位数は,基礎的科目と課題研究が2〜4,〓実習が4〜8,その他が2〜6となっている。実習が結構重い。
「解説」が出ないのは政局によるようで,それ故いつ出るかは不透明。本文もそうだったが,高等学校新学習指導要領は政治日程に翻弄され続けている。
来月には伝達講習が各地で始まるので「説明資料」が文科省のWebに近々あがるらしい。
月曜から金曜まで毎日10分の学習をすれば,1単位として認められるそうだ。ならば,朝読ならぬ朝情も可能か。
流石に参加者が指導主事ばかりだと誰も寝てないが,靴を脱いでいる人は多い。(笑)
毎度のことながら他の人を圧倒する僕の質問量と回数だった…
夕刻から,パークの達人として久々にUSJに行った。すぐにパー達のみなさんと会って,お父さん組でハリウッド・ドリームに乗った。周囲の人には不気味だっただろうけど楽しかった。そしてチャイルドスイッチしてお母さん組が乗り,そこからお父さん組による大勢の子守開始。ビバリーヒルズ・ブランジェリーでビールとサンドウィッチを食べてから,愈々「NARUTO−ナルト− 疾風伝 プレミアショー'09 〜里への想い〜」のゲネプロを観覧した。NARUTOの話は知らなかったが,見応えのあるライブショーだった。「天使のくれた奇跡」同様,投影映像をうまく使った演出だった。誰もいなくなったパークを貸し切り気分でゲートまで歩き,UCWでお茶してから帰った。流石に疲れた。
15(水)
朝からPTAの街頭交通指導を行なった。毎日こどもたちの登下校をサポートして下さっているセイフティー・ボランティアの方も,交通指導ができるのは毎月15日だけだそうで,実態と行政的制約の乖離をまざまざと感じた。
午後から,大阪府教育センターで行なわれた「平成21年度高等学校新教育課程説明会(中央説明会)」(PDF)の情報部会に出席した。
永井先生には何度もお会いしているが,ご挨拶させていただいたのは今回が初めてだった。
情報部会の参加者は,滋賀県以西の48人+僕で,内訳は府県立40,市立5,国立1,私立2+僕だった。
今日配付されたのは「説明資料」であり,正式な高等学校学習指導要領解説は,先行実施に関連のある,総則,数学,理科,理数のみ公開され,その他は「年内」に出るそうだ。
情報科の「説明資料」はステープラどめで,「解説」の他に関係文書も併せて印刷されていた。新学習指導要領において「普通教科」から「共通教科」に名称変更された「共通教科情報」版は85ページ,「専門教科情報」版は101ページだった。
科目を「学校選択」でなく「生徒選択」にすべきと書いてあるのは高く評価できるが,小学校の解説が学校選択をよしとしてしまったらしく,やや逆風の模様。
今日の永井先生のお話は,学習指導要領が告示された段階で話してもらってもいいような内容だと思ったが,改めてわかったこともいくつかあった。
因みに,情報の中央説明会に出た大学教員は日本中で僕ひとりということになる。(笑)
14(火)
明日の高等学校新教育課程説明会(中央説明会)の件で,文部科学省や大阪府教委と連絡をとった。
鉄心塾は,誤り制御,同期制御,多重化方式と通信方式,交換方式などについて解説した。
日中教育工学研究推進フォーラムへの参加を断念し,航空券を払い戻した。3万円也。(泣)
13(月)
情報活用B(第12回)は,表計算におけるピボットテーブルについて課題演習を行なった。
情報活用A(第12回)は,DTPの演習を行なった。事前準備不足で戸惑ったところがあり,反省している。
教職概論(教師論)(第12回)は,教職への進路選択と教員採用選考について輪講させた。プレゼン資料も発表も無難な感じだった。これで輪講が一巡した。
各都府県市教委へ高校「情報」採用状況の確認依頼を送付した。この一番忙しい時期に回答してもらえるか若干心配だ。
我らが兼宗先生が,DNCLの実行環境であるPENのapplet版を開発された。これは高校におけるプログラミング教育に絶大な貢献になると確信している。
12(日)
こども会の公園除草作業を行なった。
11(土)
情報教育法I(第11回)は,学生が1人休んだので,ドリトルの模擬授業だけを行なった。オンライン版に2つのバージョンがあることを初めて知った。
10(金)
某論文の修正を行ない,再投稿した。
9(木)
情報システム(第12回)は,ネットワークについて学生に解説させた。毎度スムーズに進んだ。
学科のクラスター会議に出席した。
某論文の修正を行なった。
8(水)
鉄心塾は,グラフ理論,数式処理,オートマトン,計算量などについて解説した。
情報社会専門演習(第10回)は,中間論文の骨子組み立てについて指導した。
日中教育工学研究推進フォーラムの発表日が最悪の設定のようで,渡航を断念することになりそうだ。航空券まで買ってしまったのに…orz
7(火)
某打ち合わせを行なった。
夜は,組合関係で弁護士事務所を訪問し,今後の対応について協議した。
6(月)
教育実習(第15回)は,実習校から返却された実習ノートの内容を振り返りながら総括した。
情報活用B(第11回)は,表計算におけるピボットテーブルについて演習した。
情報活用A(第11回)は,プレゼン課題の投票と発表を行なった。もう少しうまくやれば全員発表できたかも知れず,来年への反省としたい。
教職概論(教師論)(第11回)は,教育実習の意義と心得について輪講させた。プレゼン資料はよくまとまっていたし,発表も無難な感じだった。
5(日)
早朝5時半にHNDへ行って航空券を変更し,ホテルに戻ってもう一度寝てから海のエジプト展を見に行った。チケットは高かったが,それだけのことはあった。あれほどきれいな状態で保存されていたとは驚きだ。
その後,海上自衛隊DD-123しらゆきが一般公開されていたので乗船し,こどもと2人制服を着て記念写真を撮ってもらった。
赤レンガ倉庫で軽く昼食をとってから,鎌倉へ行き,江ノ電で大仏を見に行った。こどもは大喜びだった。鶴岡八幡宮にも寄りたかったのだが,みんな疲れていたのでそのままHNDへ向かった。お土産を買って,サクラで寛いでから帰阪した。家族をクラスJに乗せるのは初めてだった。
4(土)
CE100に参加した。研究発表もさることながら,歴代主査揃い踏みの記念パネルディスカッションはよかった。その後の懇親会でも,久しぶりに武井先生とお話させていただけてよかった。
懇親会後,すぐにホテルに向かい,ITMから来たHoneyとこどもとほぼ同時に到着できた。
3(金)
こどもの授業参観と,学年懇談会に参加した。懇談会は,懇談ではなく講義のようだった。6年生の過半数がケータイを持っているとのことで,その多さに驚いた。
2(木)
情報システム(第11回)は,データベースについて学生に解説させた。よく勉強していてスムーズに進んだ。
昼休みに,組合執行委員会を行ない,先日の弁護士事務所訪問の内容と,今後の対応について同意を求めた。
学科会議に出席した。
学園の経営改善進捗状況説明会に出席した。
1(水)
日付が変わると同時に,中国行きの航空券を購入した。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破を見に行った。ストーリーが大転換するのかと思っていたが,いろいろ入れ替わりはあったものの,予想していたほどTV版から逸脱するものではなかった。
鉄心塾は,偏差値の解説で予想通りの展開になった。
情報社会専門演習(第9回)は,論文の章立て,参考文献の整理,研究推進方法などについて検討するよう指導した。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-03 (月) 09:17:53 (2939d)