研究室日記

31(土)
梅田へ御節料理を買いに行って帰ろうとしたら,3号線に京とれいんが停車していたので,淡路まで乗ってみた。特に3,4号車に特別料金なしで乗れるのはとってもお得。
今年は,飛行機にJL19回,NH2回,LH1回しか乗らなかった。来年は更に激減する見込み。
30(金)
お昼前になんばへ家族写真を撮りに行った。その後,韓国料理を食べてから,阪神百貨店で開催中の手塚治虫展報道展を見に行った。報道展では,東日本大震災や台風12号による被害を改めて思い知らされ,比較的その影響を感じさせない関西の歳の瀬との対照を考えさせられた。
29(木)
家中の窓を掃除した。
28(水)
eo光の長割を先行申し込みした。ネットと電話で月々4900+300円=5200円が,4500+300円=4800円になる。
デジカメを買った1年ほど前にもらったスタジオマリオでの無料撮影券が今年限りだったので,年末ぎりぎりに予約した。
27(火)
大学で会計処理などを行なった。
26(月)
漸く自分の年賀状を投函した。Honeyの年賀状を作成した。
UQ WiMAXなら,遠隔地の2か所で1回線をシェアできるそうだ。(同時接続は不可)
25(日)
午前中は,年賀状をつくったり,リビングの片づけや掃除をした。
Honeyのレストランでのピアノ演奏を聴きに親戚のKさんがやってきて,一緒にランチを食べたりお話をしたりした。義母やHoneyの気分転換にもなったと思う。
スキー実習に行っていたこどもが元気に帰ってきた。
24(土)
朝から帰阪し,Honeyとクリスマスランチデートをした。途中で自転車が大破してHoneyが怪我をするなど,散々なこともあったが,食事は美味しかったし,タワーマンションのモデルルームを見に行ったり買いものをしたりと,まあまあ帳尻は合った。
23(祝)天皇誕生日
ITMのサクララウンジでビールを飲んだ。ラウンジもビールもともに久しぶりだった。その後,順調に移動して,第1回情報学教育推進コンファレンスが行なわれる日大文理学部へちょうどいい時間に到着した。内容は,(予想通りとも言えるが)期待を大きく裏切られ,会議でもディスカッションでもなく,登壇者が持ち時間を無視して言いたいことを言い放っただけで,聴衆からの質問も聞き置くだけという状況だった。そんな中,永野先生の「10年前,高校情報科導入にあたって,委員全員が反対だった。そして,今もやっぱりみんな反対している。これはやはり内容に問題があるということだ。」という指摘や,筧先生の「K-12に大学まで含めたK-16カリキュラムの策定が必要だ。」という指摘は,意義深いと思った。その後の懇親会を経て,良識ある人々による2次会はこれまた有意義だった。17:25頃までのツイートをまとめてみた。
0系,100系,300系,500系,700系,N700系の6系列が同時に運用されていた山陽新幹線も来春からは3系列になってしまう。500系こだまの6号車は元グリーン車なので超おすすめ。
今年も伊達直人現象(運動)が広がっていて,一過性でない季節恒例となりつつあるのはとても喜ばしいことだと思う。ありがとう,伊達直人。
22(木)
1,2限のコンピュータリテラシー2(Ea)(Eb)第12回は,ちょうどいい感じだったと思う。
3,4限のプログラミング基礎演習(Jb)(Ja)第12回は,ファイル操作を行なった。若干難しかったかも知れない。
1/21に行なわれるMozilla Vision 2012 Conference Dayはなかなかおもしろそうだ。
21(水)
運転免許の更新を行なった。極めてスムーズだったが,金色から青色になってしまった…
ドコモのスマホで他人のメールアドレスを表示するトラブルがあったそうだ。とんでもない話だ。
20(火)
今日は本務校の補講日兼,非常勤先の金曜時間割なので,1,2,3,4,6限に授業があり,5限に移動という強行軍だった。
1,2限のコンピュータリテラシー2(Ea)(Eb)第11回は,1限目で話が長くなりその分演習時間が短くなってしまったので,2限目は話を減らして適正な演習時間を確保した。
3,4限のプログラミング基礎演習(Jb)(Ja)第11回は,配列を指導した。予想より理解が容易だったように感じた。
教育方法・技術論第12回は,ミニ模擬授業を行なった.
原稿締め切りまでに書き上げることができるのか大いに不安だが,追い詰めないと動けないので無謀にもCE113の発表申し込みを行なった。
MITが来春始めるMITxはおもしろそうだ。流石にdegreeは出ないが,certificateは出るらしい。また,特に授業料などがかかるわけでもない。
大学入試センターの平成21年告示高等学校学習指導要領に対応した平成28年度大学入試センター試験からの出題教科・科目等について(中間まとめ)を読んで思うこと。(共通教科「情報」の出題については,さらに,検討することとする)+(「情報関係基礎」の出題について,さらに検討する)=(「情報関係基礎」→共通教科「情報」に変更)だったら嬉しいのだが…
ウィニー開発者の金子氏の無罪が確定する。法律にまったく素人の僕ですら,最初からこうなることくらいわかってた当然の結果。
19(月)
僕にとっては四條畷で2回目になる情報教育質問ルームは,たまたま演習室開放に来ている学生からの質問だけだった。
コンピュータリテラシー2(La)第12回は,時間的にきついと思ってちょっと速めに進行したら若干時間が余った。もう少しゆっくりやって,消化不良を起こさないようにするべきだった。
ドットインストールは,各パートが3分以内というのが軽快でいい。ただ,一時停止を多用したくなるので,「この辺で止めるだろうな」というところで画面の切替にポーズをおいて欲しい。また,プログラムコードが見にくいのでそのあたりも改善して欲しい。
Google検索で,「askew」「let it snow」「do a barrel roll」とかやるとおもしろいことになる。こういう遊び心は大切だ。
テルマエ・ロマエのルシウスは阿部寛以外に考えられないが,特報映像の最後に出てくる平たい顔族のおじさんもこの人以外には考えられない。
18(日)
ストーヴ・ジョブズ変身キットの春・秋版ソフトタッチハイネックTが41%OFFになっていたので,追加購入した。これで夏を除き四六時中ストーヴに変身できる。
17(土)
家族でカニを食べに行った。2時間くらいノンストップで食べ続けた。
16(金)
朝から,関西大学初等部の授業見学に学生を引率した。今日は,いろんな授業を見せていただいた。3年生や4年生の外国語活動では,いい発音で流暢に発生しているようすを見て,流石子どもは柔軟だと改めて感心した。図書館は1クラスが床に座って読み聞かせできるスペースもあり,そこは床暖房になっていた。2,3限だけのつもりが4限まで見学し,さらに昼休みも学生は熱心に田邊先生に質問していた。
3,4限のコンピュータリテラシー2(N)(Ha)第11回は,順調に進んだ。
教育方法・技術論第11回は,関大初等部の授業見学して気づいたことを2グループに分けて議論させた。学生の気づきは鋭く,そこまで見ていたのかと大いに感心させられた。
15(木)
1,2限のコンピュータリテラシー2(Ea)(Eb)第10回は,順調だった。
3,4限のプログラミング基礎演習(Jb)(Ja)第10回は,for〜next,while〜wend,do〜loop whileを,「いっぽんでもニンジン」を題材にして復習した。学生の反応も内容も予想以上によかったように思う。
Facebookのおかげで,今年ほどいろんな方から誕生日を祝ってもらったことはないような気がする。もちろん家族からも祝ってもらった。
ラジオがなくてもネットで語学番組をリアルタイムで聴けるのはとてもいいと改めて実感する。
JAL AKL/CHC線はNZとのCS提携解消に伴い2012/3/24をもって運休するそうだ。これからはCX便か。
14(水)
家族揃って寝坊してしまい,朝から慌ただしかった。
13(火)
コンピュータリテラシー2(Fa)第12回は,プログラミングを行なった。時間と難易度に不安があったが,意外にスムーズに進行して,とても順調だった。
先週の四條畷に続いて,午後に寝屋川で情報教育質問ルームを開いたが,やっぱり誰も来なかった。
先日行われた2011年度前期ベストティーチャーズ賞の授賞式には授業のため出られなかったので,今日,教育開発推進センター長から賞状と,記念のクリスタルの置物をいただいた。
情報入試を行なっている(いた)大学のデータを整理した。
トラ技Jr.を手にした。初心者は知らない基本的なノウハウがわかりやすく解説されていて,とてもよくできている。
12(月)
朝から,Honeyの勤務校まで資料を受け取りに行ってから,関西大学初等部田邊先生の授業見学に学生を引率した。関連のあるタイムリーな話題で導入,大きなリアクション(身振り・手振り・驚く),身近なたとえ,名前を言ってあてる,発言した子をほめる,具体例を見せてから実験,挙手や返事で確認,内容をおさらいしてまとめなど,理想的な素晴らしい授業だった。また,授業後の田邊先生による学生指導や施設見学など,とても有意義なものだった。
その後大学へ行ったが,若干遅刻してしまったが,コンピュータリテラシー2(La)第11回は,順調に進んだ。
ついに整備済MacにCore i5/i7のMacBook Airが出た。13インチ,1.7GHz Core i5,4GBメモリ,128GBSSDで93800円。13インチ,1.8GHz Core i7,4GBメモリ,256GBSSDで125600円。
NHKラジオもネット聴けることを初めて知った。
国道171号線萱野1丁目交差点は西に向かって右側に信号がなく,路肩に退避場所も設定されていない。しかし2段階右折禁止の標識がない3車線道路だ。ここを原付で右折するにはどうすればいいのだろう
11(日)
大プ会拾九に出席した。今回はUstでライブ配信をやってみた。ThinkPad1台でやったが,いい感じで中継できたようだ。
10(土)
オリオン座の近くで赤銅色になっている皆既月食を観望した。今夜ほど状態のよい日はそうない。また,大阪の夜がかなり明るいことを実感した。皆既月食になっても相当明るく,天頂はいいが地平線に近づくと空が白じんでいる。澄み渡っているのに,メジャーな星しか見えない。改めていろいろ考えさせられる。
Grand CentralにApple Storeとはかっこいい。
9(金)
3,4限のコンピュータリテラシー2(N)(Ha)第10回は,極めて順調に進み,ともに時間を余した。
教育方法・技術論第10回は,コンピュータ演習室でNHKクリエイティブ・ライブラリーを使ったディジタル・コンテンツづくりをするつもりが,まともに動かず断念。かなりがっかり。教員のICT活用指導力の基準(チェックリスト)をやらせてみた。予想外に高い自己評価を行なっている。
JALのステータス達成基準が変更され,JALグループ便の利用条件が大幅に引き上げられた。同時に,アップグレードポイントの廃止も発表された。やはり国際線の競争が厳しいということだろうか。
8(木)
1,2限のコンピュータリテラシー2(Ea)(Eb)第9回は,まずまず順調だった。ただ,作品のレベルは今一つという感じだった。
3,4限のプログラミング基礎演習(Jb)(Ja)第9回は,今回もC言語を意識した内容とし,while〜wendとdo〜loop whileでループをやった。難易度的にも分量的にも丁度よかったように思う。
教育方法・技術論で来週T先生の授業を見せていただけることになった。1週ずれたがこの後の予定がほぼ計画通りに進められそうで助かった。
鳥取環境大学の情報環境設計思想は,ぼくの考えに極めて近いことを教えていただいた。
7(水)
関西大学非常勤のための履歴書と研究業績書を指定書式で再送付した。
文部科学省 平成22年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果によると,三重県の教員のICT活用指導力が5項目すべてにおいて1位になっている。高校に限ると5項目とも愛媛県が1位になる。教委からの圧力でバイアスがかかるので都道府県間の比較はあまり意味がないけれど,同一都道府県の経年変化は見る価値があるだろう。
福岡に出張しているS先生と久しぶりに電話で話をした。
6(火)
コンピュータリテラシー2(Fa)第11回は,マルチメディア(gifアニメ)を行なった。結構楽しんでいる様子だった。
教育方法・技術論で中止になった授業見学の代替として動画コンテンツ作成を行なうことにし,教室を確保した。また,ゲスト講師をお願いしていたNさんの登壇日も確定した。
プレゼンしながらツイートできるのはおもしろそうだ。事前にツイートしておくというのがバッチ処理みたいだ。(笑)
スーパーカブに屋根を取り付ける件で問い合わせをした業者から,とても魅力的な内容の返事があった。
5(月)
今日から,情報教育質問ルームが開設されたが,予想通り開店休業だった。
コンピュータリテラシー2(La)第10回は,若干時間を余すくらい順調に進んだ。
来年度の関西大学非常勤のための履歴書と研究業績書を送付した。
教育方法・技術論で今週行なう予定の授業見学が急遽中止になってしまい弱っている。
Dropboxの容量を若干増やした。
4(日)
家族で久しぶりにお寿司を食べに行った。
ストーヴ・ジョブズ変身キットの春・秋版ソフトタッチハイネックTに続き,冬版のマイクロフリースモックネックTを買った。
漸く,例年比1か月遅れで庭のイルミネーションをセットした。
3(土)
「学校の中で情報教育が軽くみられていて,情報科の教員がその状況に甘んじて教材研究を怠っているのではないか」とHoneyから指摘された。確かに,高校の英語科や数学科には進路指導部や担任団から期待=プレッシャーがかかっている。情報科も英語科も数学科も,教材研究を真剣にやっている人の割合に大した差はないかも知れないが,教員数が全然違うからそこで大きな差が出る。それを埋めるには,教材研究を真剣に取り組んでいる情報科教員の割合を高める以外に手はないと思う。
2(金)
3,4限のコンピュータリテラシー2(N)(Ha)第9回は,順調に進んだように思う。
教育方法・技術論第9回は,まずCS Unpluggedのパリティマジックをやってから,前回の模擬授業の省察を行ない,さらにケラーのARCSモデルや,ガニエの9教授事象を紹介した。授業終了後,積極的に質問に来る学生もいて嬉しい限りだ。
1(木)
1,2限のコンピュータリテラシー2(Ea)(Eb)第8回は,時間配分をはじめ,順調に進んだ。
3,4限のプログラミング基礎演習(Jb)(Ja)第8回は,そろそろC言語を意識した内容へ移行していきたいと考え,select case文で人生ゲームを作るというのをやってみた。難易度的にも分量的にも丁度よかったように思う。
帰省のための近鉄特急ビスタカーのグループ専用席を往復とも確保した。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-03 (火) 00:15:52 (2003d)