研究室日記

30(日)
試験問題をつくるつもりが,終日まったり過ごしてしまった。
図書館で,ロシアと北欧のガイドブックを借りてきた。
ロシアのホテルを予約した。
29(土)
お昼前に家を出てITMからHNDへ飛んだ。余裕を見て家を出たつもりだったのに,搭乗締切直前だった。HNDでは,パイロットや地上職員などもいて,まるで社員食堂かという雰囲気のお店でラーメンを食べてから,某書籍の編集会議に出席した。夜は赤坂でおいしいお酒とお料理をいただき,さくらクオリティエクスプレスで帰阪した。
軍艦島のストリートビューは凄い。
この痛タクの営業課長さんの発想は凄い。
28(金)
工業数理基礎(2)は,試験範囲の復習を行なった。実習(2年)は,5班目の制御1を行なった。授業進行がうまくいった。
ロシアへの入国にはビザが要ることに気がついた。
27(木)
電子技術は,直流電源回路と,トランジスタを用いた基本増幅回路についてのおさらいを行なった。電気機器(2)は,模擬問題を演習した。
夕刻,骨髄提供確認(再)検査を受けに行った。
JLの提携AWDで取ったAYの座席指定は,JLではなくAYのWebページでできることが分かったので,往復ともCの最前列を指定した。
26(水)
ソフトウェア技術(1)は,sAccessでレンタルデータを使った演習を行なった。課題研究は,製作作業を行なった。I先生やM先生にご指導いただき,木材加工室などで木材加工を行なった。放課後には,鉄道車両研究会を見学しに行った。ここもすべてのパーツを製作して作った石炭で走るミニSLを始め,完成度の極めて高い作品を見て,流石に専門高校は設備も指導者ももの凄いと改めて感心した。
第1回競馬RUN in 大井競馬場にエントリーした。
Firefoxが22になった。
25(火)
工業技術基礎は,最後の班の制御2を行なった。今週は保護者会のため短縮授業なので,無駄なく授業を展開したら時間が余り過ぎた。電気機器(2)は,三相誘導電動機の比例推移について講義した。電子技術は,授業アンケートに引き続き,hパラメータと等価回路について講義した。今日は,両授業とも,教科書の黒板投影を効果的に活用できた。生徒もこの環境に慣れてきた。
期末手当・勤勉手当の明細を受け取った。勤務期間が短いため,満額の3割程度の支給とは言え,ボーナスをもらうのは何年ぶりだろうか。この前はいつもらったのか,思い出すことも最早できないくらい昔の話だ。
24(月)
ソフトウェア技術(1)は,SQLで行なったコンビニデータ演習と同じものをsAccessでやってみた。順調だった。
夕刻は,ボート部の新旧引継会を行なった。1年生も2年生も相変わらずだった。
夜は,兼宗ゼミに出席した。今日は早く帰宅するつもりだったのに,帰宅は23時半を過ぎていた。
夏休みに,HelsinkiとSt.PetersburgへHoneyと行くため,AWD航空券を手配した。KIX発着のCが取れた。試算では1人当たり85,000マイル必要だと思ったのに,80,000マイルで済んだ。また,燃油サーチャージがAWDでも必要だと思ったのに,AYは不要だとのことだった。どちらも予想外にラッキーだった。
23(日)
今日は自校の生徒の選考レースだったが,午前の2レースで決着がつかず,午後に追加のレースを設定した。3レースともすべて着差1秒未満だったが,惜しくも代表選考に漏れてしまった。
22(土)
加古川漕艇センターで行われている国体選手選考会に参加した。今日は自校の生徒の選考レースはなかったが,ゴール係をやったり,いろんな方とゆっくりお話ができてよかった。
21(金)
工業数理基礎(2)は,授業態度が悪かったので厳しく指導した後,流体の圧力について講義を行なった。実習(2年)は,4班目の制御2を行なった。想定以上に時間がかかった。
今年度初の大プ会を,勤務校で行なった。辰己先生の情報倫理教育についての集大成を拝聴した。用語の定義や,論旨の展開方法などについて意見が出て,参加者全員にとって参考になる内容だったと思う。第2部の参加者も比較的多く,いろんなお話ができた。
20(木)
電子技術は,増幅度と周波数特性について講義した。電気機器(2)は,三相誘導電動機の速度特性とトルク特性について講義した。
放課後に生徒会の保健体育委員会と本部定例会を行なった。
その後,R大のU先生が来訪され,いろいろお話できてよかった。
課題研究のマイコンカーのプログラム作成環境を漸く整えることができた。
19(水)
ソフトウェア技術(1)は,sAccessのコンビニデータを使い,SQLの演習を行なった。課題研究は,集団面接練習を行なった後,製作作業を行なった。カットソーで木材を切ったり,生徒の要望に対応したりで大忙しだった。
18(火)
工業技術基礎は,計算技術検定の演習だったので,採点だけ手伝った。電気機器(2)は,三相誘導電動機の簡易等価回路における諸量の計算について講義した。電子技術は,特性曲線による増幅回路の動作にについて講義した。ボート部のミーティングでは,挨拶ができていないこと,時間にルーズなこと,仕事を見つけようとしていないこと,練習を一所懸命やっていないことなどについて苦言を呈した。
17(月)
ソフトウェア技術(1)は,SQLのINSERT, DELETE, UPDATEなどについての演習を行なった。
夕刻から,10周年記念事業担当者会議に出席した。
夜は,兼宗ゼミに出席した。いつも通り,帰宅は23時を過ぎてしまった。
16(日)
加古川漕艇センターへボート部の練習引率をした。とてもいい天気だったが,パラソル下でないと存在することが困難なレベルだった。生徒には,指導が染み込んでいないことを痛感させられた。暫くは厳しく言い続けるしかないのか。
15(土)
1か月半ぶりの週末オフだった。久方ぶりにまとまった雨が降っていたので,昼間は家の中でできる積み上がった家事を少しだけ崩し,夕刻からホームセンターに必要なものを買いに行った。
オスプレイが海自艦船に初めて発着艦したそうだ。流石に,対潜哨戒ヘリ程度じゃなく,オスプレイを離発艦させることができるとなると,正真正銘の空母だ。現有の「ひゅうが」「いせ」に加えて,22DDHと24DDHも就役すれば,日本は世界屈指の空母運用国になる。22DDHと24DDHは,旧帝国海軍の「飛龍」より大きいらしい。
のどごし 夢のドリーム「カンフースター篇」。このシリーズはどれも素晴らしく感動的だ。
りくろーおじさんが,630円になっていた。
14(金)
工業数理基礎(2)は,有効数字,数字の丸め方,実験結果のグラフ化について講義を行なった。実習(2年)は,4班目の制御1を行なった。
大学入試センターから感謝状が届いた。
プロ野球統一球の仕様の変更について(ミズノ)の目標値が「近づける」とは何だ?また,去年までが「0.4134に近づける」結果として0.414だと仮定すると,今年は典型飛距離が20〜40cm伸びたということか。
13(木)
電子技術は,電流帰還バイアス回路とトランジスタの静特性について講義した。電気機器(2)は,三相誘導電動機の等価回路について講義した。
初めて学食でご飯を食べた。
教職経験者研修で,学園都市にある若葉学園へ行った。愛着形成が不充分でしんどい思いをしてきた子どもたちと,愛情を持って育てなおしを行なっている職員の姿を見て,魂が揺さぶられた。また,社会的養護を必要としている子どもたちが全国に4万7千人もいるという現実に悲しい思いがした。留岡幸助語録は,現代の教育・家庭問題そのものを指摘していると思った。
12(水)
ソフトウェア技術(1)は,SQLのSELECT文とINSERT文について,Accessを使って演習を行なった。「select 職業 from 会費表 where 職業=max(会費)」という命令が「WHERE句で集計関数を使用することはできません」とAccessに怒られて実行できないのはなぜだろう?課題研究は,集団面接練習を行なった後,製作作業を行なった。
11(火)
工業技術基礎は,4班目が制御1を行なった。まあまあ順調だった。電気機器(2)は,三相誘導電動機の理論について講義した。電子技術は,自己バイアス回路と電流帰還バイアス回路について講義した。
電気機器(2)も電子技術も,PCとプロジェクタを教室に持ち込み,自炊した教科書を黒板に投影し,挿入図を拡大してチョークで書き込みながら授業を行なった。きれいな図が大きく投影されるし,図を描く時間も省略できるが,それ以上に,図を消さずに,追記した内容だけを消して書き直せるところは極めて説明し易かった。尤も,予想通り排気の熱に生徒から不満が出た。短焦点・黒板モード・前面排気・高輝度・コンパクトなプロジェクタが欲しい。
10(月)
第1校時は験馬先生の研究授業を見学した。生徒への質問を中心とした「引き出す授業」は参考になった。
ソフトウェア技術(1)は,SQLのSELECT文について,HAVINGやORDER BYなどについての講義を行なった。
夕刻から職免で,骨髄提供のための検査検査を受けた。
その後,大阪電通大へ行ってsAccessについての議論を行なった。疲れた。
9(日)
加古川漕艇センターへボート部の練習引率をした。顧問4人が全員揃っての引率は初めてだった。
国際情報科学コンテストBebrasの英訳を行なった。
8(土)
富士通キッズイベントの打合せのために,汐留へ行った。帰りに,浜離宮恩師庭園へ寄って抹茶とお菓子をいただいた。
7(金)
工業数理基礎(2)は,総体のために欠席している生徒が多かったので,自分のキャリア形成を計画的偶発性の観点で紹介してから,各自の特性を知るという意味でAutism-Spectrum Quotientについて説明した。
来週から,黒板へ教科書をプロジェクションして授業を行うべく,プロジェクタの明るさや焦点距離を見るために,教室で試写してみた。ちょっと古いタイプの機械なので期待した程ではなかったが,授業で使えそうなことは確認できた。本当なら,授業のUst中継もしてみたいのだが,条件的にそれは難しそうだ。
今の職場になってから初めて有給休暇を取って,Honeyと久しぶりにランチデートをした。
6(木)
電子技術は,固定バイアス回路について講義した。電気機器(2)は,三相誘導電動機の多極の回転磁界や構造について講義した。
第6校時は岩堀先生の示範授業を見学し,その後,1時間半に渡って行なわれた研究協議にも出席した。流石と感服することが多々あったが,それ以上に,自分の授業を,テキストを黒板にプロジェクションしながら進めるという,本来やりたかったスタイルに改めようという刺激になったことが大きい。
5(水)
ソフトウェア技術(1)は,SQLのSELECT文について,Accessを使って演習を行なった。課題研究は,製作作業を行なった。
4(火)
工業技術基礎は,3班目が制御2を行なった。論理演算の理解が充分でないことを思い知らされた。電気機器(2)は,三相誘導電動機の回転磁界について講義した。午後は,2年生の一斉健診で耳鼻科を担当した。
地球の歩き方 '13〜14版の,C13 シドニー&メルボルンA07 パリ&近郊の町の読者投稿欄に「中野鉄郎」が掲載された。でも,モンサンミッシェルへTGVで行くなら,レンヌではなく,ドル・デュ・ブルターニュへ行き,そこからバスの方が断然いいと思う。
3(月)
ソフトウェア技術(1)は,SQLのSELECT文について,IN,LIKE,GROUP BYなどについての講義を行なった。
夜は兼宗ゼミに出席した。途中,45分ほど中座して,「ネット八分」についての人権LHR指導案を,Y先生とSkypeで検討した。
2(日)
1x・2x・4x+すべて準決勝で敗退してしまった。1xがレース前に衝突事故を起こし,艇が破損した。生徒にけががなかったのが不幸中の幸いだった。
1(土)
朝から近畿総体ボート大会の予選が行なわれた。今回は,大会委員ではなく,単なる顧問としての参加だったので大会のようすをいろいろ見て知ることができた。女子1xが予選・敗者復活戦とも敗退してしまったものの,2xが予選勝ち上がり,1xと4x+が敗者復活戦勝ち上がりで,明日の準決勝に進出できてよかった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-03 (水) 11:24:04 (1422d)