研究室日記

30(水)
先日献血した時に日赤の複数回献血クラブに登録したが,その時の血液検査結果がWebページで確認できる旨の連絡メールが届いた。過去の記録まで含めてオンラインで確認できるのは便利で助かる。
29(火)
ジョーシン2015秋が,もう1か月前だというのに,趣旨も演題も掲載されていないので督促した。
28(月)
スーパームーンだったらしい。言われてみれば大きいような気もするが,言われなければきれいな月だなで終わり。
27(日)
伊勢高同窓会関西支部総会・懇親会に参加した。今年のクイズ大会も好評だったと思う。2次会は,毎度のW.Boleroへ同期で行った。
26(土)
関西大倉中学校・高等学校の文化祭に行った。和太鼓部の演奏は大したもんだった。
いずみホール音楽講座 クラシック音楽の愉しみ方VI「舞踊の泉」Enjoy!オーケストラ〈Part I〉〜音楽のフォーム〜のチケットを購入した。
こどもの受験のためのホテルを予約した。想定していたところは既に満室だった。
25(金)
藤岡幸夫のクリスマス・ファンタジアのチケットを購入した。
Cat Ear Headphonesの配送先確認メールが来た。いよいよ入手できるのか?
父の体調が悪いらしい。
川瀬賢太郎がハイドンの「告別」を指揮していたとは知らなかった。
24(木)
もの凄く久しぶりにドットインストールを訪問してみた。
HoneyがS社に発行する請求書を作成した。
23(水)秋分の日
燻蒸除虫をしている間に,西梅田で献血したり,今度の週末の同窓会のイベント賞品を調達したりした。帰宅後は,義母の庭の砂利石を買ってきて整備した。
血液が濃いと血漿成分献血のサイクル数が増えてしまうことを知った。
22(火)国民の休日
庭の芝の剥げたところに12平米ほど芝を養生した。うまく根付いてくれることを期待している。
NHK-FMの「今日は一日“世界のオーケストラ”三昧」を堪能した。
文部科学省:高等学校における遠隔教育の在り方に関する検討会議 第6回配付資料高等学校における遠隔教育の現状等に関する基礎データ集」(PDF)は,大学の教員養成課程の資料として価値が高いと思う。
大阪市音第112回定期演奏会のチケットを購入した。藤岡幸夫のクリスマス・ファンタジアも聴きに行くことになった。
21(月)敬老の日
漕艇部合宿3日目。今日はほぼ貸切状態だった。3日間とも順調に練習できたのでよかった。
放送大学‬ 沖縄学習センターから「入学者の集い」の案内が来ていた。
20(日)
漕艇部合宿2日目。昨日に引き続き好天に恵まれた。体調を崩す生徒が少しいて,自分も風邪気味だったが昼寝をしたら復活した。
19(土)
漕艇部の合宿で加古川市立漕艇センターへ行った。クォドルプルの2クルーは今日が初めての水上練習なのでまだまだバラバラだけど,この3日間でどこまでチーム力を高められるか,怖いような楽しみなようなといったところ。1月9日に相生産業高校でエルゴ大会をやることが決まった。
18(金)
伊勢高同窓会関西支部のクイズ賞品の一部を発注した。
何度読み返してみても,この日本国憲法の精神は素晴らしいと感じ入る。
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
17(木)
学級旗が完成した。
12月に武蔵野学院大学のゼミで講演をすることが決定した。
16(水)
体育大会の練習をやった。
15(火)
SSS2015の預り金を学会事務局へ送金した。
第18期灘の酒大学の不合格通知が区役所から届いた。これで3年連続不合格だ…
放送大学‬に編入学する場合,「卒業(修了)・在籍期間・単位修得証明書(様式3)」を提出すれば,高校の卒業証明書ではなく「経歴申告書(様式8)」でもよいと教えてもらった。
14(月)
庭の雑草処理を業者にやってもらった。
ボート新人大会のクルー編成を決めた。
13(日)
高等学校情報科教員の採用者数と授業単位数の関係などについていろいろ考察した。
大学の研究室に「生きもの」は必須だと思う。理想はネコみたいな癒し系だが,鳥や金魚やカメでもいい。その理由は,世話しなければいけないからみんな来るようになる(義務)→世話係を決めるなど学生間で連携するようになる(コミュニケーション)→そのうちに世話をしたくなる(欲求)→そして癒される(笑)
国勢調査にネットで回答した。
12(土)
放送大学から教材が届いた。早速システムWAKABAなどに入ってみた。面接授業も調べてみたら,シーカヤック概論学ぼう指揮法:上級編景観探偵学入門−その2−近江学入門3城郭の歴史と姫路城を学ぶ高野山学入門蒸留酒伝来とその広がりなど,おもしろそうなものがいっぱいある。特別講義「音楽表現と情報環境」(タケカワ ユキヒデ)を聴いてみた。これは,ラジオの深夜番組みたいな感じでおもしろい。ライブ授業のような"ノイズ"がなくても,とてもvividな講義だった。マイクの向こう側のlistenersに直接語りかけるように喋るのがポイントなのか。まぁ,言うのは簡単だが,やるのは慣れないと難しそうだ。
お昼は,久しぶりにHoneyとランチデートした。
法律用語では,
「及び」は小さな結合,「並びに」は大きな結合
「又は」は大きな選択的接続,「若しくは」は小さな選択的接続
11(金)
職場からの帰りに,SEALDs KANSAIの街宣を梅田で聴いた。
10(木)
USJのハロウィーンプレスプレビューに行って,エイリアンvsプレデターなどを体験した。その後,高校の同窓会に参加した。
9(水)
台風が来るかと思ったが,関西にはほとんど影響がなかったが,北関東の方が大変らしい。
歴史秘話ヒストリアで鑑真を見た。改めて凄いと思った。
8(火)
大学情報入試全国模擬試験の過去問冊子を,発注者に発送した。
7(月)
要請を受けてIWJに次の内容で寄稿した。
憲法は,「為政者を暴走させず,国民を守るためのもの」だ。
法律は,「そのための具体的な制約」だ。
ところが,安倍政権は憲法や法律を,「国民の権利を制限して,為政者の行為を正当化するためのもの」と,正反対の誤解をしている。
多くの国民や憲法学者,歴代内閣の見解など,最も尊重すべき意見を完全に無視し,過去の大戦の時と同じ誤った道を,再びこの国に歩ませようとしている。その道の行く末には,破滅的終末しかない。
イデオロギーや立場の違いを超越して,この国を破壊しようとする企みに全国民が対抗しないと,平和を希求する地球市民としての義務を果たしていないことになる。
いまこそ,われわれひとりひとりが,考え,行動する時だ。
「平和と幸福を破壊し,争いと憎しみに満ちた世界」を,はっきりと否定しよう。
6(日)
加古川市ボート協会会長杯大会に参加した。M1XとW2Xは実施できたものの,M2XやM4X+は増水のため中止になってしまい残念だった。雨が降って寒かった。
5(土)
漕艇部の合宿で加古川市立漕艇センターへ行った。まだ暑いものの,盛夏に比べれば随分過ごしやすくなった。
4(金)
高校教科「情報」シンポジウム2015秋のプログラム概要が発表された。
放送大学教養学部(心理と教育コース)全科履修生3年次編入学(沖縄学習センター所属)の合格通知書が届いた。いよいよ僕も大学生だ。(笑)
3(木)
疲れているのか,落ち着いているのか,授業がとても静かだった。
2(水)
JR西日本「昼間特割きっぷ」が10月1日発売分から,次のように変更になる。
・セット枚数:6枚(現行12枚)
・有効期限:3か月(変更なし)
・1枚あたりの価格:値上げ(例:大阪・京都 317円→350円)
・その他:一部廃止(14区間)
山陽新幹線「500 TYPE EVA」のダイヤが次のように発表された。
・こだま730 博多06:36→11:14新大阪
・こだま741 新大阪11:32→16:07博多
・運転日:11/7~26,28,29(両列車とも)
新大阪発ユニバーサルシティ・桜島行きの臨時快速のダイヤが次のように発表された。
・新大阪10:33→10:46ユニバーサルシティ→10:49桜島
・運転日:10/3,10,17,24,31 11/7,14,21,28
1(火)
今日から第2学期が始まった。生徒はみんないつも通りで安心した。
イタリア語では,男性単数 Bravo!,男性複数 Bravi!,女性単数 Brava!,女性複数 Brave!,男女混合 Bravi! だから,クラシックの賞賛感嘆詞としては"Bravi!"が一般的であるべきではないかといつも思う。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-25 (日) 19:07:58 (576d)