研究室日記

31(木)
黒島へ行ってシュノーケリングをやってみたかったのだが,雨が降りそうな感じだったので,とりあえず小浜島へ渡り,レンタサイクルで島内をまわった。曇天だったので,大岳山頂から遠望はできなかったが,天気も辛うじて耐えてくれた。はいむるぶしのビーチやオープンカフェ&バーは大変心地よく,のんびり過ごすことができた。小浜島からの船には,今春の移動で島を離れるのであろう小学校の先生がこどもたちみんなに見送られていた。教師冥利につきるのではないかと思った。
30(水)
午前中はT先生と竹富島をサイクリングした。前回叶わなかった海水浴もほんの少しだけできた。素晴らしい天気で,とても気持ちよかった。午後は,放送大学沖縄学習センター主催の「大学体験講座」を実施した。話をする時は木構造に分割するといいということや,20の扉のような話,さらに,フェルミ推定などを平易に楽しく実施した。参加者も20名近くいて,小学校2年生からお年寄りまで幅広い年齢層の人に体験してもらえてよかった。僕は,小学生の兄弟を担当したが,お兄ちゃんが確りしているので弟くんもなかなかのものだった。夜は,イタリコでH先生やMさんを囲んでパーティを行なった。H先生の肩肘張らない最終講義は素晴らしかった。Mさんの「サラバ記念日」は,とても楽しい充実したひとときだった。
29(火)
お昼過ぎに石垣に到着し,K先生のレンタカーでI先生とともに,H先生宅に寄ってから,電信屋,御神岬,唐人墓,観音崎などをまわった。元電信屋の僕としては,電信屋を訪問できたことがとても嬉しかった。夕刻から,明日の講座の打ち合わせを行なった後,市内の居酒屋で前夜祭を行なった。
28(月)
El Capitan 10.11.4にアップデートした。
人口が40万人を軽く超える,松戸市,市川市,町田市,藤沢市が,中核市でないことを知った。
27(日)
僕とN先生が一緒の合宿は今日で最後になる。今年度は本当にお世話になった。N先生がいなければこれほど充実した活動はできなかった。心から感謝している。
26(土)
高槻駅の新6番ホームから新快速に乗って,漕艇部の加古川合宿の引率をした。加古川線でも西脇市までICOCAが使えるようになったが,加古川駅の中間改札はそのままなので,きっぷまたは回数券利用の僕にとっては何の変化もない。
25(金)
屋根裏の耐震補強工事をしてもらった。
24(木)
加古川日帰り練習の引率をした。
23(水)
日本学術会議から「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:情報学分野」が公表された。
学年団の慰労会が行なわれた。
22(火)
こどもの転出手続きを行なった。
夕刻はHoneyと喫茶店でミニデートをした。
学ぼう指揮法!の面接授業受講のために,放送大学セミナーハウスの宿泊を申し込んだ。タクトテキストも購入した。
21(月)振替休日
漕艇部の合宿2日目。今日も昨日と同じく,いい天気だったが,風が冷たかった。
20(日)春分の日
漕艇部の合宿引率を行なった。素晴らしい天候だったが,風は冷たく,夕刻はやや風が強かった。
19(土)
ダイニングに敷く絨毯の採寸や,加工業者への持ち込みなどを行なった。
18(金)
こどものゆうちょ銀行の口座を開設したり,学資保険の受取手続きをしたりした。こどもの住居を決断した。
夜は,新日本フィルハーモニー交響楽団 大阪特別公演を聴きに行った。シューベルトの交響曲第1番は華やかで艶やか,マーラーの交響曲第1番は壮麗で力強く,もの凄くよかった。上岡敏之の指揮は,まるでタクト自身に魂が宿っているかの如く躍動していた。
17(木)
朝から会議や研修に出た後,年休を取って,こどもとUSJ 15th anniversaryのプレスプレビューに行った。バックドラフト,ユニバーサル・RE-BOOOOOOOORN・パレード,ジョーズ,ザ・フライング・ダイナソー,ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーなどを楽しんだ。ザ・フライング・ダイナソーは,想像通り爽快だった。
こどもに買ってやったNexus 5XがHKGから届いた。
高等学校共通教科情報科で扱うのは,他教科では扱いにくいもの=情報の科学的な理解に関するものであるべきだ。情報活用の実践力や,情報社会に参画する態度は,総合的な学習の時間や公民科を始めとするさまざまな教育活動においても育成可能だ。もちろん,情報科で扱ってはいけないという意味ではない。
16(水)
情報ワーキンググループ第6回資料より
情報I
(1)情報社会の問題解決
 中学校までに経験した問題解決の手法を振り返り,これを情報社会の問題の発見と解決に適用する。その際,情報化が社会に果たす役割と影響,情報社会において個人が果たすべき役割,情報モラルなどについて考える。
(2)コミュニケーションと情報デザイン
 情報デザインに配慮した的確なコミュニケーションの力を育む。その際,著作権などに関する法やルールについて理解するとともに,メディアの特性と利用,ユーザビリティやアクセシビリティ,情報化によるコミュニケーションの変化などについて考える。
(3)コンピュータとプログラミング
 プログラミングによりコンピュータを活用する力を育む。その際,コンピュータ内部での情報の表し方,コンピュータで情報が処理される仕組みなどを知り,プログラミングの有用性や情報技術による社会の発展について考える。
(4)モデル化とシミュレーションの考え方
 事象をモデル化して問題を発見したり,シミュレーションを通してモデルを評価したりする力を育む。
(5)情報通信ネットワークとデータの利用
 情報通信ネットワークを用いてデータを活用する力を育む。その際,情報通信ネットワークのしくみ,データベースによる情報の共有と管理,クラウドコンピューティング,情報セキュリティなどについて知り,情報社会の安全や情報モラルについて考える。
情報II
(1)情報社会の進展と情報技術
 情報社会の進展と情報技術との関係について歴史的に捉え,AI等の技術も含め将来を展望する。その際,これからの情報社会を生きる上で必要な力について考える。
(2)コミュニケーションと情報コンテンツ
 画像や音,動画を含む情報コンテンツを用いた豊かなコミュニケーションの力を育む。その際,情報コンテンツの特性,処理と表現の方法,データの圧縮の方法などについて知り,目的に応じた情報コンテンツの選択や組合せについて考える。
(3)情報とデータサイエンス
 データサイエンスの手法を活用して情報を精査する力を育む。その際,様々なデータの特性,処理や表現の方法,統計的手法,ビッグデータの分析などについて知り,目的に応じた情報の処理と表現を行う。
(4)情報システムとプログラミング
 情報システムを活用するためのプログラミングの力を育む。その際,複数の情報機器が協調して動作するシステム,暗号化などシステムがセキュリティを保つための方法について知り,目的に応じて,システムを構想したり,そうしたシステムで働くプログラムを作成したりする。
(5)課題研究
 生徒が選択した課題を解決する過程を通して,情報I(仮称)及び情報II(仮称)の(1)〜(4)での学習を総合し深化させ,新たな価値を想像する。
第5回の内容が洗練された感じだ。
情報Iで,
(2)→情報デザインに配慮した的確なコミュニケーション力
(3)→プログラミングによりコンピュータを活用する力
(5)→情報通信ネットワークを用いてデータを活用する力
をそれぞれ育むとしているあたりや,
情報IIで
(1)→AI等の技術も含め将来を展望
(3)→データサイエンスの手法を活用して情報を精査する力を育む
(4)→情報システムを活用するためのプログラミング力を育む
としているあたりが,特にいいと思う。
15(火)
今日も入試業務だった。
こどもの下宿先を決断した。
14(月)
今日は入試業務だった。
帰り道に梅田へ立ち寄り,Honeyへのホワイトデーのプレゼントを買った。
「第4回大学情報入試全国模擬試験」の,問題,解答用紙,解答,採点基準を公開した。
こども用のスマホを発注した。
13(日)
情報入試研究会最後の作業会議に出席した。この3年半の活動を省察すると感慨深いものがある。今回は村井先生もご参加いただき,打ち上げでも熱い思いを語っておられた。
12(土)
今日は本務校の一般入試だった。
夕刻,三宮で献血してから,HoneyをUKBまで迎えに行った。
11(金)
こどもの入学金を納入し,入学手続き書類一式を発送した。
川瀬賢太郎氏が,今度は第26回出光音楽賞を受賞した。飛ぶ鳥を落とす勢いだな。
10(木)
午後から家庭訪問をした後,F先生と梅田でいろいろお話させていただいた。
9(水)
朝から教室整備を完了させてから,職員会議に出席した。
こどもの宿で,いいなと思ったところはほとんど満室になっていた。もっと早く動くべきだったか。(毎度同じことの繰り返し…)
8(火)
学年会議のあと,教室のワックスがけを行なったり,保護者面談を行なったりした。
2015年度情報処理学会学会活動貢献賞をいただくことになった。ありがたいことだ。
7(月)
こどもの合格を確認した。余裕だとは思っていたが,確認できて安心した。
夜は学科の教員で鍋を食べに行った。
6(日)
CE134(2日目)に参加した。
夜は,I先生と十三で一献傾けた。
5(土)
CE134(1日目)に参加した。懇親会では鍋を食べた。
4(金)
午後から,Mさんと串カツを食べてから,京阪で京都へ向かい,大プ会に参加した。ドイツからの留学生Bさんも参加して,大プ会始まって以来の英語セッションになった。東京方面からの参加者も多く,大プ会としては大人数になった。
3(木)
新明和工業で,就役中2機と製作中1機のUS-2を見学してきた。
夜は,Enjoy!オーケストラ<Part II>〜オーケストラの楽器〜を聴きにいった。ストコフスキー管弦楽版のJ.S.バッハ/トッカータとフーガ ニ短調は初めて聴いたが,オルガンとはまた違って管弦楽版もなかなかよかった。レスピーギの「ローマの松」は,やはりフィナーレのティンパニとトランペットがかっこいい。
放送大学の面接授業が何と全科目とも当選している。
5/07(土)〜08(日)オペラの世界(滋賀)
6/11(土)〜12(日)学ぼう指揮法!(千葉)
6/18(土)〜19(日)音楽情報学(滋賀)
6/25(土)〜26(日)管弦楽、吹奏楽基礎入門(栃木)
7/02(土)〜03(日)高野山学入門(高野山)
7/09(土)〜10(日)YUBAメソッドで歌上手(三重)
まさか全部当選するとは夢にも思っていなかった。
高校教科「情報」シンポジウム2016春 in 名古屋 ジョーシンめ〜えきの予定プログラムを発表した。
2(水)
学年末考査の採点を行なった。
1(火)
川瀬賢太郎氏が,齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞した。指揮者部門の歴代受賞者は,大野和士,広上淳一,沼尻竜典,アラン・ギルバート,大植英次,下野竜也,大友直人,キンボー・イシイ=エトウ,高関 健,山田和樹,三ツ橋敬子,上岡敏之,そして川瀬賢太郎と,錚々たる顔ぶれだ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-22 (火) 19:36:32 (631d)