研究室日記

31(金)
順調にNRTへ着いた。imigrationで少し並び,customはかなり並び,ケータイ返却はもの凄く並ばされた。その後,自動化ゲートの利用者登録を行なってから,初めてとなるT3へ行った。GKのbaggage dropも結構並んだものの,思ったほどは時間がかからなかった。Jetstarはお湯まで有料だった。KIXからお昼頃に帰宅して,昼寝をした。3か月で30,000FOP超えというのは初めてかもしれない。
30(木)
早朝にホテルを出て,HYDからDELに飛んだ。DELに着いてからは,Rashtrapati Bhavan,Rajpath,India Gate,ガンディー記念博物館などを見てから,在インド日本大使館へ行き,インドの教育事情についてK一等書記官から丁寧なブリーフィングを受けた。India Islamic Cultural CenterにあるKarims Food Plazaで昼食を食べてから,Humayun's Tombを見学した後DELへ行き,帰国の途についた。
河野太郎先生のおかげで,「海外からの招へい者の復路の半券については,航空券(eチケットも含む)の写しも可とし,半券の原本を郵送させることは避けてください」「使用済みの特急券等の提出を求めないようにしてください」などと,文科省から通達が出た。少しは事務処理が正常化されるだろう。
29(水)
お昼に近所のスーパーまで散歩がてら買い物に行き,ホテルへの帰りにオートリクシャーに乗ってみた。楽しかった。午後は,IITHを訪問し,K先生のオフィスでミーティングを行なった。IITHは赤茶けた大地の真ん中に,ぽつんと建物があるだけで,予想と全然違った。逆に言えば,これだけでも充分な成果を出せるというわけで,環境を言い訳にしていてはいけないとも思った。その後,Westinで夕食を食べた。
28(火)
現地の学校見学予定日だったが,どことも連絡がついていなかったので,朝から電話をあちこちにかけて,最後にかけたGlobal Edge School Kukatpallyが訪問を承諾してくれて,午前中に見学に行った。フレンドリーな校長先生からインドの教育制度の話を伺ってから,授業の様子を見せてもらったり,校務処理システムについて説明してもらったりした。お昼はドライバーのおすすめに従い,Paradiseでビリヤニを食べた。もの凄い量だった。その後,Hyderabadのシンボルとも言えるCharminarに行った。入場料が,インド人は15ルピーだが,外国人は200ルピーだった。見晴らしはよかったが,期待したほどではなかった。それから,Chowmahalla Palaceへ行った。ここは,広大かつ絢爛豪華で見応えがあった。最後に,Golkonda Fortへ行った。これはフォロ・ロマーノとカラカラ浴場を足して2で割ったような感じで,かなりよかった。気温は39℃くらいあるものの乾燥しているので快適だ。夜は,IITHのK先生とホテルのインド料理店で会食をした。K先生は気さくな感じで,如何にもインドの水が合ってそうな方だった。
27(月)
前夜ITM最終便で帰宅し,荷物を詰め替えて朝からNRTへ向かった。サクラのザ・ダイニングでは右を見ても左を見てもみんなカレーを食べていた。以前はここまで極端ではなかったように思う。その後,ボディマッサージをしてもらって,Tt先生とYのバルクヘッドでDELに向かった。ところが,NRTは雪で,翼に防除雪氷液を散布したり,悪天候による空港混雑などで,搭乗してから離陸まで3時間以上かかってしまい,乗り継ぎのDELでは地上係員の誘導で空港を猛ダッシュして何とか間に合った。DEL→HYDの機内では,国内線なので期待していなかったのに立派な機内食が提供された。これがインド初カレーとなった。HYDでTn先生と合流し,ホテルカーでTrident Hotel Hyderabadに向かった。空港から思いの外遠かった。ホテルでは,セキュリティチェックを受けた後,部屋に入った。この部屋もまたシアトルの時と同様に広くて立派だった。バスルームが丸見えになっているのは,ラフォーレ伊東のようだった。
26(日)
大学入学者選抜改革推進委託事業の会議形態を次回から大きく変更することになった。早めにHNDに着いたのでサクラでシャワーを浴びる時間があった。新海誠の秒速5センチメートル」は,国内線の機内でも見られることを知った。
25(土)
大学入学者選抜改革推進委託事業の会議のため,上京した。今回は新宿NSビルで,問題検討については分科会形式で行なった。
情報処理学会全国大会で発表した高等学校情報科教員採用の危機的現状を公開した。
観点別学習評価 項目の変遷
・関心・意欲・態度
・思考・判断
・技能・表現
・知識・理解

・関心・意欲・態度
・思考・判断・表現
・技能
・知識・理解

・知識・技能
・思考・判断・表現
・主体的に学習に取り組む態度
24(金)
合格者登校日だった。夕刻は時間休を取って早めに帰宅した。
23(木)
来年度メンバーによる会議に参加した。漕艇部関係の会合や面談などもあり,いろいろ忙しい日だった。
推移の低下した加古川の写真を送ってもらったが,ここで練習可能なのか若干不安だ。
22(水)
加古川で漕艇部の水上練習を行なった。水面の状態はよかったけれど,寒かった。
21(火)
あると思っていた会議が延期になっていたので,午後半休を取って帰宅した。
新しいiPadが発表になった。iPhone SEも,容量が倍増で,価格は据え置きになった。
20(月)春分の日
文部科学省 大学入学者選抜改革推進受託事業情報学的アプローチによる「情報科」大学入学者選抜における評価手法の研究開発シンポジウム 2025年の高校教科「情報」入試を考える〜思考力・判断力・表現力を評価する〜に参加した。まさかの,写真撮影・SNS発信禁止を宣言されて怒り心頭だった。懇親会の後,グランヴィア大阪で会議を行ない,そのまま,ハートンホテル西梅田に宿泊した。
19(日)
三宮で行われた「情報科セミナー in 兵庫 〜みんなでプログラミング!〜」でScratchのプログラミング体験を担当した。夜は,みんなで飲食してから,HUBへ行った。
18(土)
加古川で漕艇部の水上練習を行なった。水曜とは打って変わって,鏡面のような水面で,寒くも暑くもなく,最高のコンディションだった。
17(金)
お昼は,マウンテンで甘口イチゴスパを食べた。午後は高等学校情報科教員採用の危機的現状を発表し,その後,ゆとりーとラインに乗って大曽根まで行き,スガキヤでラーメンを食べてから帰阪した。
情報処理学会の教員免許更新講習が案内されていた。
・プログラミング体験に適した処理系とその特徴[選択]
・情報教育と情報セキュリティ[選択]
・教育現場のICT化とメディア・リテラシー[選択必修]
東京 8/1-3
大阪 8/8,1/5-7
16(木)
ぷらっとこだまで名古屋へ向かい,情報処理学会の全国大会に参加した。文部科学省 大学入学者選抜改革推進委託事業 情報学的アプローチによる「情報科」大学入学者選抜における評価手法の研究開発でパネル討論を担当したが,盛り上がりは今ひとつだった。夕刻から,サーウィンストンホテルでの会議に出席し,一旦,懇親会に戻り,夜にガーデンパレスでの会議に出席し,最後にたこ焼きを食べに行った。
15(水)
加古川で漕艇部の水上練習を行なった。風が強く,寒かったので早めに切り上げた。帰りに,りくろーおじさんのチーズケーキを買って帰った。
14(火)
午前中に検証作業を行なった。
13(月)
終日,採点業務だった。
12(日)
一般入試だった。アメリカでもそうだったが,時差ボケがないので早朝からの勤務でも何ら支障なかった。夜は,毎度のメンバーで飲みに行った。
11(土)
NRT国内線サクラでシャワーを久しぶりに使ったが,HND国内線サクラのシャワーブースに比べて数が少ないし,それより狭いと改めて思い知らされた。
10(金)
SEA-LAXのASは,Premium Classが割り当てられたので足元が広くて快適だった。また,snack boxやAlaskan Amberなども提供された。LAXでは,ターミナル間移動をカートに乗せてもらって快適だったが,到着後即搭乗時刻となり,乗り継ぎ時間がかなりタイトだった。NRTまでの席はYのままだったが,バルクヘッドの通路側だったので快適だった。非常口座席よりもこちらの方がよいと思った。
9(木)
午前中はセッションを聴き,First Timers' Luncheonに参加したが,Mats Danielsのキーノートはつまらなかった。午後は今回の目的であるCollege BoardのLien Diazとのミーティングを行なった。その後,一旦ホテルに戻って,インドで訪問したいsecondary schoolにメールを送ったり,文科省委託事業の会議室手配などを行ない,夕刻はSheratonのBallroomで行なわれたReceptionに参加した。
8(水)
Streetcarに乗って,湖の方へ行った。MOHAIへ行ったが期待はずれだった。夕刻にSIGCSE2017の受付を済ませてから,T先生とUniversity of Washingtonを散策してから,ショップで軽食を買って構内で食べた。
7(火)
昼過ぎまでホテルで休息し,モノレールでSeattle Centerの方まで行ってみたが,天気も悪くて今ひとつだった。その後,Pike Place MarketWaterfrontあたりを散策した。First Starbucks Storeがあるというので行ってみた。空いていたのでよかった。夜は,W先生,K先生,H先生とPike Place Breweryへ行って地ビールを堪能した。
6(月)
帰りのYVR-NRTがオーバーセールということで,HND-SFOをCにするから帰りをYVRではなくLAX経由にして欲しいと言われ,YVRは行ってみたかったが,JAL SKY SUITEの魅力のほうが勝ったので了承した。機内では,「この世界の片隅に」「永遠の0」「秒速5センチメートル」を見た。どれも凄くよかった。森伊蔵と白州12年を機内で買ったが,アメリカへの持込は1Lまでということだったので,白州12年は返品した。SFOに着いたら,ASAのバゲッジハンドリングシステムがトラブル中だったので,仕方なく荷物を持ったまま,BARTでダウンタウンまで行き,ケーブルカーでPIER 39Fisherman's Wharfへ行った。San Franciscoは神戸を思わせる急坂の街だった。ケーブルカーが活躍するのもよくわかる。SEAではLink light railでdowntownまで行き,Grand Hyattに入った。部屋もバスルームももの凄く広かった。
MacでPDFのファイルサイズを小さくするには,「プレビュー」(プレビュー.app)の「ファイル」→「書き出す…」で, 「Quartz フィルタ」→「Reduce File Size」を選択すればよい。
5(日)
ボート免許の実技試験を受けた。些細な失敗はあったものの,全体的によくできた。流石にこれで落ちることはないだろう。
夜は家族揃ってイタリアンを食べに行った。
3月26日から夏ダイヤなのに,4月1日からHND-JFK就航っていう中途半端な感じになっているのは,8.10ペーパーの縛りが解けるからだろう。
4(土)
漕艇部の合宿を引率した。いよいよシーズンに突入だ。初日の今日は,素晴らしいコンディションで,生徒も気持ちよく漕いでいた。晩御飯は鍋,明日の朝食はほぼ割愛,昼食は特製カレーを準備した。
Wiener Philharmoniker Neujahrskonzertのkarten抽選に,今回もまた落ちた。
3(金)
3/19のプログラミング教育セミナーの指導案をつくった。
教育公務員が長期休業中以外で海外渡航する際は教育長の承認が必要ということをすっかり忘れていて,学校長や学会事務局に迷惑をかけてしまった。文科省委託事業の出張でも,年休取得になるらしく,SEA行きとHYD行きで合計10日も消化してしまうことになるので,週末の部活の振休で賄うことにした。また,つい先日通達された市の行動規範が,教科書会社との関係を厳しく制限していることを認識した。
2(木)
ボート免許の実技講習を受講した。基本的にうまくできた。見張りを失念しないように気をつけねばならない。
1(水)
情報処理学会「ジュニア会員向けイベント計画書」を関西支部に提出するのをすっかり忘れていて,急いで対応した。
自民党は嫌いだが,河野太郎議員の行動力には敬服する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-16 (日) 05:58:40 (39d)