研究室日記

31(木)
放送大学の単位認定試験を受験した。通信概論の方がよくないかと思っていたが、はじめての気象学の方がよくなかった。大阪学習センター学生ラウンジの給茶機は、水とお湯しか提供されなくなっていた。
30(水)
プログラミング技術の実技試験を行なった。期待したレベルには少し届かない感じだった。 HUBでジントニックを飲んでから、H先生といずみホール音楽講座を聴きに行った。今回の内容は現代音楽以外が多かったのでよかった。帰りに、茨木の居酒屋で飲んでから帰宅した。
10/5-6のCE研は、往復で、ITM-HNA→48,120円、ITM-SDJ→19,980円なので、仙台から新幹線で行くことにした。
29(火)
朝は、六甲山が冠雪していた。
工業技術英語は、仮定法の指導を完了した。ゆっくりじっくり進めたが、どれくらい理解してくれただろうか。
期末面談で勤務評価が示された。
県立神戸商業で産業教育の編集作業を行なった。須磨駅の南口はすぐ砂浜だということを初めて知った。HUBでN新店長にカクテルをつくってもらった。
28(月)
実習は、インフルエンザで結成している生徒が何人かいた。
HUBでCuba Libreを飲んで帰った。
27(日)
DNSKSIJの第28回会議2日目に参加した。
「児童生徒の学習評価の在り方について(報告)」が、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会から平成31年1月21日に出された。観点別評価については、「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点に整理することとなった。
企業の研究所がこんなグラフを出しているのは如何なものか。
26(土)
モノレールの南茨木駅に7-11ができていた。M先生と一緒になったので、HNDに新しくできたTHE HANEDA HOUSEでランチを食べてから、DNSKSIJの第28回会議に参加するため、電通大へ行った。夜はサイゼリヤへ行った。
平成31年度大学入試センター試験(本試験)平均点等一覧(中間集計その2) 平成31年1月25日現在
数学II・数学B 53.25点 S.D. 22.99 (346,259人)
簿記・会計  58.77点 S.D. 19.76 (1,306人)
情報関係基礎 49.64点 S.D. 18.63 (397人)
25(金)
HUBでF店長との別れを惜しんだ。
今まで、体調崩したらユンケルゾンネロイヤルを飲んでいたが、最近、レオピンファイブキャプレットSを飲んでいる。後者の方が効くような気がする。
24(木)
プログラミング技術は、JavaScript?の総仕上げを行なった。
基本情報技術者試験(2020年春期試験から)
(1)PM:プログラム言語の見直し
 COBOLを廃止, Pythonを追加
(2)PM:13問出題7問解答から、11問出題5問解答に変更
 情報セキュリティ、データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発(プログラミング)の重視(52→70点)
(3)AM:線形代数、確率・統計等、数学に関する出題重視
Pythonの勢いが止まらない。
23(水)
ディジタル回路は最後の授業だった。今年は特にいろいろ思うところがある。課題研究は発表会を行なった。僕の班はいい感じの発表だった。
平成31年度大学入試センター試験(本試験)平均点等一覧(中間集計) 平成31年1月23日
数学II・数学B 56.32点(S.D. 22.58) 124,181人
簿記・会計  56.42点(S.D. 20.16) 318人
情報関係基礎 48.41点(S.D. 19.25) 83人
情報関係基礎」についてDNCへの質問書を送付した。
[質問]
【使用する表計算ソフトウェアの説明】で、最頻値が複数ある場合、関数MODEの挙動はどうなるのでしょうか。第4問の場合、不都合は発生しませんが、この言及がないのは問題として瑕疵があるということにならないでしょうか。
[コメント]
第1問 問2の3路スイッチは、工業高校電気系なら誰でも知っている内容なので、考えるまでもなく答がわかり、受験生によって有利不利が大きすぎると思います。
第3問は、シナリオに無理がないでしょうか。
・たかがグループ分けにこれほどの労力をかけることがあるでしょうか。(グループ分けにもっと深刻な意味のある例にした方がいいと思います。)
・方法1と方法2で違うグループになるのはGさんだけです。方法1なら第2希望、方法2なら第3希望になります。なら、問2の方法1だけでいいと思うのですが、その後わざわざGさんの希望から離れていく方法2を問3で考える合理性が見えにくくないでしょうか。(表1の例が不適切だとも言えます。)
第4問は、地域にもよりますが、高校で通学距離が2km未満は極めて少数だと思います。この問題に即した現実的な区分なら「通学時間が片道40分未満」とかの方が適切ではないでしょうか。
第4問は、新しい関数で解決しようとする問題が近年多いように思います。特に今年は、MODE, MEDIAN, CORREL, AVGIFなど、例年になく関数が多く、それが第4問の向かうべき方向なのかは議論の分かれるところだと思います。
【使用する表計算ソフトウェアの説明】で、比較演算子に「≠」を使うなら、「>=」「<=」ではなく「≧」「≦」を使った方がよいのではないでしょうか。同じ理由で四則演算も「*」「/」ではなく「×」「÷」にした方が、第3問と整合していいように思いますが、如何でしょうか。
【使用する表計算ソフトウェアの説明】の例示で、間違いではありませんが「成績!C3〜E5」より「成績!C2〜E5」の方がよいのではないでしょうか。
以上
22(火)
プログラミング技術は、情報関係基礎の第3問を解説した。
DNCに電話で問い合わせをした。明日、質問書をFAXすることになった。FAXか…
3月1日の大プ会@うめきたの広報を開始した。
21(月)
今年になって初めての実習だった。年が明けてからは、3ローテーションしか回らない。
HUBでN先生とじっくり議論した。
20(日)
センター試験情報関係基礎の問題が公開された。
放送大学をどのコースで卒業するか悩み中。
コース   自コース 他コース(本学修得+他大学修得)
生活と福祉 20+34 41+24
心理と教育 26+34 35+14
社会と産業 16+34 45+14
人間と文化 26+34 35+14
情報    26+34 35+14
自然と環境 25+34 36+14
15,010円で鶴見線昭和から豊肥線平成までの片道切符が発券できるらしいので、購入直前までえきねっと予約でやってみたらできた。
19(土)
岩手)必修教科「情報」高度化で現場に不安感 | 朝日新聞
最近、岩手のこの問題がよく出る。毎日新聞の記事の影響が大きいと思う。
18(金)
工業技術英語は、再びLAを担当するが今までと違ってみんな確り授業に取り組んでいるように思った。
HUBに寄って帰ったが、帰りの電車のダイヤが非常に乱れていて、高槻で抜かれるはずの新快速に、立花で抜かれた。
17(木)
プログラミング技術は、JavaScript?で、画像の拡大縮小・表示切り替え・スライドショーなどを指導した。
夜は、神戸酒心館で行なわれた灘の酒大学に参加した。今回の試験も満点だった。これで、純米学位以上が確定した。次回満点なら、念願の大吟醸学位だ。
16(水)
ディジタル回路は、T-FFとD-FFを指導した。課題研究は、発表スライドの最終修正とリハーサルを行なった。
某問題は、H先生がいい具合に整理してくれた。
昨日のオーディションの不合格通知が来た。力不足とは言え、残念だ。
夜は、義母のところへお金を持っていった。
オペラパーク第九2018 第3楽章、第4楽章の動画が公開された。
15(火)
プログラミング技術は、13期生と14期生の修学旅行の話をしてから、JavaScript?で背景色の変更などを扱った。
ディジタル回路は、JK-FFと、ポジティブ/ネガティブ・エッジ型の説明をした。
夜は大阪響コーラスのオーディションを受けに行った。しかし、発声練習なしでいきなりはきつかったし、音も外してしまった。
渋谷道玄坂店なら、たったの10日でHUB MVPゴールドメンバーになれたらしい。
14(月)成人の日
朝からKさん宅で少し練習してから、オペラパークへ行き、GPと2回の本番に出演した。結局、僕は歌を完成させることができなかったが、みなさんの完成度が高かったので、非常に楽しく演奏できた。
13(日)
午後からオペラパークで明日の練習を行なった。しかし、少し練習すれば歌えるだろうという予想は甘く、さっぱりできなかった。明日までに完成させることができるだろうか。
12(土)
レンタカーを借りて、学校まで椅子を運んだ。国道171号線と2号線を走るだけなので、非常に楽だった。レンタカー6時間2200円+ガソリン代832円。
11(金)
10(木)
プログラミング技術は、JavaScript?で配列や表を扱った。
AirAsia? X (D7) で、KIX-HNLをエアポート フラットベッド アップグレードする場合の追加料金は、KIX→HNL 39,000円、HNL→KIX $300。空席があれば、かなり安い。
HUBでカクテルを飲んで帰った。
9(水)
ディジタル回路は、クロック入力付きRS-FFの説明を行なった。課題研究は、再来週の発表スライドを作成した。
8(火)
預託荷物が出てくるまで少し時間を要したが、それ以外は順調に進み、rapi:t αのスーパーシートで帰宅した。それでも、着陸してから2時間では帰宅できなかった。
AirAsia? X (D7) で、KIX-HNLを往復した感想
・LCCとは言え、FLAT BEDもあるA330は、Yのシートピッチも狭くない
・CAのサービスレベルが高い
・QUIET ZONEは非常に静寂
・HOT SEATの足元はかなり広い
 (7列目はABC/HJKよりDFGが断然広い)
・日によっては、税サ込往復2万円という安さ
結論:大変おすすめ。
7(月)
朝からビーチで泳いだ。これで、Hawaiiでやり残したことはほぼなくなった。 TheBus?の20系統で空港へ行った。ホテルを出るのがやや遅くなったので少し焦ったが、搭乗手続きもセキュリティチェックも待ち時間が殆どなかったのでよかった。帰りも空席が多く、寝て帰ることができて楽だった。
6(日)
午前中に、W先生、In先生、Is先生、M先生とPearl Harborへ行った。Arizona記念館は入場できなかったが、その分、チケットはすぐに取れて、ボードで海上のさまざまな角度から見ることができた。Mizzuriにも乗艦したかったが、団体で行動したので諦め、みんなでWaikele Premium Outletへ行った。その後、Pearl cityまで送ってもらい、そこからバスでNBCへ行っき、夕刻から2回目の第九演奏に臨んだ。ソリストが今日はよくなかったが、合唱団はいい感じで、僕自身も会心の演奏ができた。その後、Kさん父娘やSさんと晩御飯を食べに行き、閉店時間まで滞在した。その後、Kさん娘を家まで送ってから、3人でカラオケへ行き、ホテルに戻ったのは2時半くらいだった。
5(土)
午前中にビーチへ行くつもりだったが、部屋でゆっくりした。お昼にHawaii Convention Centerへ行ってスライドを作りながら配給のランチボックスを食べた。自分の発表は、座長、座長補佐、次の発表者の3人しかいないという悲惨な状況だった。その後、Neil Breisdell Hallへ歩いて行き、第九のステージに立った。気持ちよく演奏できた。演奏が終わったのは10時近く、ホテルまで歩いて帰る途中でKさんと食事をした。
4(金)
Kさんと5時半過ぎのバスに乗って、Diamond Headへ行き、山頂で日の出やWaikikiの全景を見た。その後、ホテルに戻って朝食を摂り、T GALALLIAで両替してから、ホテルでM先生の到着を待った。午後からPearl Harborへ行こうと考えていたが、ゆっくりし過ぎたので、Hawaii Convention Centerへ行ってIICEHawaiiのregistrationをしてから、Neil Breisdell Hallへバスで行き、第九のオケ合わせに参加した。自分の歌うところだけ立ち、歌わない時には座るというのは初めての経験だった。また、前列が女声、後列が男声というのも初めてだった。
3(木)
夕刻、KIXへ行った。K先生も同じ便だった。AirAsiaXは、期待通り、いい感じだった。搭乗率が低かったので、3席使って寝て行った。HNLでは、6月15日まで有効のパスポートが、有効期限6か月未満ということでkioskに弾かれてしまったが、快適に入国できた。The Busでホテルへ行ってから、K先生と昼食を共にした。ワイキキビーチを少し散歩した。
2(水)
家族揃って伊勢へ帰省した。レンタカーで、墓参してから実家へ行った。夜は、接方来でご飯を食べた。
1(火)元日
お昼まで、ホテル日航関西空港で過ごして、帰宅した。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-06 (日) 11:39:55 (79d)