研究室日記

22(金)
21(木)
11月30日以来、久しぶりに電車に乗り遅れることがなかった。
科学工学科と機械工学科の課程研究発表会だった。
来年度の授業時間数等の算出をようやく完了した。
20(水)
電気情報工学科の課題研究発表会だった。
教育課程編成委員会で、新教育課程を決定した。
現在の中高の教育課程を整理した。
19(火)
H先生が年休だということを失念して、遅い時間に出勤してしまった。
18(月)
年休を取得し、某書籍の監修作業を完了させた。
情報処理学会第83回全国大会中高生情報学研究コンテストで、NIIの喜連川先生にご挨拶いただけることになった。
のぞみの本数が3分の1に削減されているが、X編成 73、G編成 51、J編成 11、K編成 16、F編成 24、H編成 1もあることを知った。
17(日)
朝から某教材の編集ミーティングを行なった。お昼過ぎに、MOOC教材収録についてのミーティングを行なった。これは次回の日程と進め方を詰めただけだったのですぐに終わった。15時から再び教材の編集ミーティングを行なった。今更見つけてしまう修正点がいくつもあった。
大学入学共通テストの情報関係基礎に「オバケ」が出た。
文部科学省の大学入学者選抜における共通テスト改革推進事業において、「情報I」についてCBT問題作成等を行うためのアプリケーションや出題形式の研究開発等が盛り込まれている。令和3年度予算額(案)は9億円。
16(土)
15:30から2時間少々、S先生とミーティングを行なった。
情報処理学会第83回全国大会中高生情報学研究コンテストに、88チームのエントリーが確定した。
技術士第二次試験情報工学部門の過去問題がなかなかおもしろい。ただ、採点は大変そうだ。
15(金)
時間休を取得して午後遅くに出勤した。市教委事務局担当とミーティングを行なったが、身の程を弁えず、状況判断も誤ったため、T先生から厳しく叱られてしまった。JABEE審査の時も似たような失敗をしているのに、その再現をしてしまった。
処理が追いつかないので二千数百件のメールを削除した。
東海道新幹線の東京駅発時刻は毎時
のぞみ 00大 09博 30博 51広
ひかり 03岡 33大
こだま 27名 57大
なので、博多行のぞみに乗り遅れると、次ののぞみまで21分も待つことにある。
14(木)
朝から産学官連携事業の打合せを行ない、午後はオンラインで行なわれた文科省の公募事業説明会に参加した。マイスター・ハイスクール事業の条件が、とてつもなく厳しく変更されていた。緊急事態宣言等が発表されたので、19時半には職員室を閉めると宣言したけど、実際に施錠できたのは20時だった。
13(水)
午後から市教委で事情聴取を受けた。その後、時間休を取って、帰宅した。
12(火)
全定打合せを行なった。
情報処理学会 情報入試委員会は「情報入試」をこう考えますを公開した。
11(月)成人の日
夜、臨時の情報入試委員会を催行し、情報入試についての考え方をまとめた。
10(日)
情報気亮業に関する動画収録を行なった。小林先生、吉田先生と一緒に、とても楽しい現場だった。帰りは予定より早く、N700Sで帰阪した。
9(土)
久しぶりに上京した。新幹線の1号車にはぼくを含めて3人しか乗っていなかった。富士山はほとんど冠雪していなくて驚いた。お昼前から夕刻まで、教材原稿の検討を行なった。夜は、早い時間にホテルに入り、ゆっくりと月例オンライン飲み会に参加できた。
読売新聞朝刊14面に共通テスト元年 [4] 「情報」出題検討 悩む現場が掲載された。
8(金)
職員会議を行なった。
7(木)
暴風雪警報が発表されて、休校になった。しかし、風は吹かないし、雪も降らなかった。ただ、もの凄く寒い。
緊急事態宣言等が発表されたが、病院や保健所は最早お手上げ状態で遅きに失した感が否めない。
6(水)
始業式だった。午後から校務運営委員会を行なった。
5(火)
振休だった。午後からIPSJ MOOCのネットワーク&情報セキュリティの打合せを行なった。
某原稿の監修・校正作業が捗った。
文部科学省 平成29年度 生涯学習施策に関する調査研究 における 高等学校情報科教員研修に資する調査研究(PDF)が極めて優れた資料だとN先生に教えていただいた。
4(月)
仕事始めだった。予告もなく、システムが切り替わっていて、しかも、トラブルも発生して大混乱だった。
3(日)
今日ものんびりゆったりした。この年末年始は心身ともにリラックスできた。
2(土)
義母のところに顔見せに行っただけで、終日のんびりした。
1(金)元日
今年の正月はどこへ行くこともなく、自宅でのんびり過ごすことになった。
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは、リッカルド・ムーティの指揮だったが、史上初の無観客公演だった。
今年は、挑戦・創造・貢献を旨として、仕事を楽しんでいきたいと思っている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-19 (火) 18:13:55 (4d)