授業のねらい・概要

情報及び情報技術を活用するための知識と技能の習得を通して,情報に関する科学的な見方や考え方を養うとともに,社会の中で情報及び情報技術が果たしている役割や影響を理解させ,情報化の進展に主体的に対応できる能力と態度を育てることのできる,情報科教員としての教育法を教授する。
また,次期学習指導要領をはじめとする情報教育の動向を理解するとともに,教科「情報」の現状を理解してその改善提案ができることをめざす。

授業計画

  1. 情報科教育法とは
    • 教科「情報」の目標と,その教育法の考え方を理解する
  2. 情報科の成立
    • 高等学校学習指導要領に教科「情報」が位置付けられるに至った経緯を理解する
  3. 学習指導要領における情報教育
    • 2009年に公示された新学習指導要領における扱いの変化について検討する
  4. 学外演習
    • 関西地区で行われる情報教育に関する研究会に参加し,討論を行なう
  5. 情報活用の実践力の指導法
    • 3観点の中核をなす「情報活用の実践力」の教科「情報」における適切な指導法を検討する
  6. 教科書研究
    • 実際に高等学校で使用されている教科書を分析する
  7. 学外演習
  8. 総合的な学習の時間との協調
    • 効果的な授業形態や,有機的な授業間/教員間連携について検討する
  9. コラボレーションとプレゼンテーション
    • プロジェクト学習における留意点や,プレゼンテーション技法について検討する
  10. 評価の工夫
    • 評価の4観点と,その具体的評価方法について検討する
  11. 学習指導案の作成
    • 作成上の留意点を検討し,指導計画例を分析する
  12. 学外演習
    • 高等学校の授業を見学する
  13. 情報科とプレゼンテーション
    • プレゼンテーションのあり方をはじめ教員の授業方法について検討する
  14. 授業形式の実習
    • 模擬授業や教育実習など,授業形式の実習の意義や方法について検討する
  15. 中間総括
    • 前半のまとめと相互省察を行なう
  16. 情報の科学的な理解の指導法
    • 教科「情報」の中心であるべき「情報の科学的な理解」の適切な指導法を検討する
  17. 学外演習
    • 関西地区で行われる情報教育に関する研究会に参加し,討論を行なう
  18. 問題解決とモデル化・シミュレーションの指導法
    • 学習指導要領の中核をなす問題解決と,科学的アプローチに必須のモデル化・シミュレーションの指導法を検討する
  19. アルゴリズムとプログラミングの指導法
    • 教育用プログラミング言語によるプログラミングや,アルゴリズムの指導法について検討する
  20. 情報検索とデータベースの指導法
    • 適切な情報検索技法と,情報の管理/活用のためのデータベースの指導法について検討する
  21. 学外演習
    • 高等学校の授業を見学する
  22. 情報モラル・情報倫理の指導法
    • モラル・情報倫理の正しい理解と,その適切な指導法について検討する
  23. メディアリテラシーの指導法
    • メディア活用の際の留意点や,クリティカル・シンキングについて検討する
  24. 情報通信ネットワークとコミュニケーションの指導法
  25. 情報システムと社会の指導法
    • 社会の中で情報システムが果たしている役割と意義の指導法について検討する
  26. 学外演習
    • 関西地区で行われる情報教育に関する研究会に参加し,発表を行なう
  27. 情報の表現と発信
    • コンテンツ作成とその発信における諸問題の指導法について検討する
  28. ソフトウェア制作から見た情報教育
    • ソフトウェア開発技術者の観点から情報教育のあり方について検討する
  29. これからの情報科教育
    • 教科「情報」の現状と,今後の動向について分析する
  30. 総括
    • まとめと相互省察を行なう

到達目標

  • 情報科教育法の考え方を理解する
  • 教科「情報」をとりまく環境を理解する
  • 教科「情報」の目標を理解する
  • 教科「情報」の適切な指導計画が立案できる
  • 公平・公正な評価方法を設定できる
  • 情報教育の3観点を踏まえて,生徒に応じた適切な指導ができる
  • 最新の動向を踏まえた,先進的/効果的な授業計画を立案できる
  • 最新の知識/技術を理解し,教育現場でそれを活用した教育実践ができる
  • 後期中等教育における情報教育の意義と役割を理解した指導ができる
  • 教科「情報」の現状を理解し,その改善提案ができる

評価方法

  • レポート/演習の提出/実施状況やその品質:60%
  • 授業への積極的参画の姿勢と貢献度:40%

成績評価基準

  1. 下記以外
  2. 到達目標の大半を理解しているものの,その達成が不充分である
  3. 到達目標を理解し,その大半を達成している
  4. 到達目標を充分理解し,ほぼ達成している
  5. 到達目標を充分達成し,他の学生の範として授業を積極的にリードできる

教科書

受講心得

  • 少人数によるゼミ形式で行なう。輪講を基本とするので,相当の理由がない限り欠席は認められない。
  • 月に1回の割合で学外見学等を行なう予定である。
  • 進捗状況により,授業計画を組み替える場合がある。

出欠について

  • 遅刻・早退は欠席0.5回に換算する
  • 30分以上の遅刻は欠席とする
  • 30分以上の早退は欠席とする
  • 欠席5回相当超越で原則的に単位不認定

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-28 (木) 15:47:16 (2823d)