情報技術基礎

発表技術と文書化技術

発表技術

  • わかりやすく
  • 深く理解
  • 強烈な印象

プレゼンテーションの準備

  1. 聞き手の分析
  2. 内容の確認
  3. 話の進め方の確認
    • 序論
    • 本論
    • 結論
  4. 発表用資料の作成
    • 大きく
    • グラフ・図解・イラスト
    • 適切な情報量
    • 強調・識別化
      • オーバレイ
      • マスキング
      • チャンキング
  5. 配付資料の作成
  6. リハーサル

プレゼンテーション技術

  • アイコンタクト
  • ノンバーバルコミュニケーション
  1. 話し方のポイント
    • わかりやすい言葉
    • 短文ではっきりと
    • 抑揚
    • 適当な間
    • 適切な速度
    • 癖を直す
  2. 発問のポイント
    • レベル
    • 1度に1つ
    • 特定の人に偏らない
    • 不快な思いをさせない
    • 全員にフィードバック
    • 発問
      • 全員対象
      • 指名
      • リレー
      • 自問自答
      • 投げ返し
    • 応答
      • 即答
      • ブーメラン
      • 代返
      • 後回し
      • 無回答

文書化技術

文書作成の手順

  1. 読者の分析
  2. 内容の確認
  3. 構想を練る
  4. 文書の作成

文書化技術

  1. 文章表現のポイント
    • 読み手の立場を考える
    • やさしい言葉を使う
    • 漢字を多用しない
    • 形容詞や修飾語を多用しない
    • センテンスを短くする
      • 主語と述語を近づける
    • 曖昧な表現を避ける
  2. 文書構成法
    • 演繹的順序法
    • 帰納的順序法
    • 軽重順序法
    • 時間的順序法
    • 空間的順序法
    • 因果的順序法

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-19 (木) 10:30:46 (4415d)