履修に際しての注意

出欠について

  • 遅刻・早退は欠席1/3回に換算する
  • 30分以上の遅刻は欠席とする
  • 30分以上の早退は欠席とする
  • 欠席5回相当超越で原則的に単位不認定

授業の主題と目標

  • 高度情報社会をささえる重要な役割を担うのが情報処理アドミニストレータである。情報処理アドミニストレータの主な職務は,コンピュータを効果的に使って必要で正確な情報をタイミングよく利用者に提供できるようにすることである。また,情報が価値をもつ現代において情報処理アドミニストレータの重要性はますます高まりつつある。このような社会の要請に応えられる情報処理アドミニストレータにとって必要な,コンピュータ全般に関する基本的な事項を学ぶ。

教科書

  • 安藤明之『情報処理概論 三訂版』(実教出版)

評価方法

  • 試験:40%
  • レポート:30%
  • 平常点:30%

授業計画

  1. コンピュータのあらまし
  2. 入出力装置
  3. 情報の表現
  4. 主記憶装置
  5. 演算・制御装置
  6. 補助記憶装置
  7. 通信ネットワーク
  8. 情報システム
  9. システム開発の基礎
  10. プログラム言語と言語プロセッサ
  11. ファイルとデータベース
  12. オペレーティングシステム
  13. セキュリティと標準化
  14. 情報化と経営
  15. 総括

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-22 (月) 06:16:01 (3258d)