[[中野情報教育研究室]]
 
 -[[「3歳の子助けて」チェーンメール、日赤にも電話殺到
 :http://www.asahi.com/national/update/0222/TKY200802220284.html]] 朝日新聞 08/2/22
 -[[「3歳の子助けて」チェーンメール、日赤にも電話殺到:http://www.asahi.com/national/update/0222/TKY200802220284.html]] 朝日新聞 08/2/22
 -[[B型Rhマイナスの血液に関するチェーンメールについて:http://www.jrc.or.jp/info/1350.html]] 日本赤十字社 08/2/22
 -[[当院の名前が記載されたチェーンメールについて:http://www.showa-u.ac.jp/hospital/hatanodai/SUH/notice_20080221.html]] 昭和大学病院 08/2/21
 --いまだにこんなくだらないチェーンメールに引っ掛かる人が後を絶たないとは,情報教育が全く不充分であることのいい証拠だ。
 
 -[[大学受験に資格試験 高校必修科目対象 教育再生会議が素案:http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007111902065457.html]] 東京新聞 07/11/19
 -[[教育再生会議:大学全入時代にらみ「高卒学力テスト」検討:http://mainichi.jp/life/edu/news/20071121k0000m010154000c.html]] 毎日新聞 07/11/21
 --「高卒学力テスト(仮称)」に合格しないと大学を受験できなくなるしくみ。高等学校卒業程度認定試験(旧大検)との兼ね合いが微妙だし,そもそも大学入試センター試験をそのような性格のものにすべきではないかと思う。尤も,委員から異論が相次ぎ見送る方向となったそうでこれは当然の流れだろう。しかし,それよりも「試験科目には,学習指導要領上の必修教科・科目(保健体育,芸術,家庭,''情報を除く'')」という議論になっていることを危惧する。
 
 -[[福島の県立高校でまた「未履修」:http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/fukushima/071117/fks0711170350000-n1.htm]] 産経ニュース 07/11/17
 --今年度になっても情報Aを数学などに振り替えていたそうだ。あまりの愚かしさに呆れてしまう。
 
 -[[専門高校における職業教育の現状と課題、改善の方向性(検討素案)[PDF]:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/004/07092711/006.pdf]] 文部科学省 中央教育審議会 初等中等教育分科会 第64回教育課程部会 資料6 07/9/25
 --高等学校専門教科「情報」の科目として,次の13科目が示された。
 +++情報産業と社会
 +++課題研究
 +++情報の表現と管理(現「情報と表現」)
 +++マイニングとソリューション(仮称)(新設)
 +++情報テクノロジー(仮称)(新設)
 +++アルゴリズムとプログラム(現「アルゴリズム」)
 +++ネットワークシステム
 +++データベース(新設)
 +++情報システムの開発
 +++情報デザイン(現「コンピュータデザイン」)
 +++情報メディア(新設)
 +++メディアの編集と表現(「図形と画像の処理」と「マルチメディア表現」を統合)
 +++情報コンテンツの開発(現「マルチメディア表現」)
 ---%%情報実習%%(各科目に吸収するして廃止)
 ---%%モデル化とシミュレーション%%(内容は「マイニングとソリューション」に移行)
 --不明瞭であったマルチメディア系が整理され,工業等の他教科との差異も比較的明確になった。システム設計管理系も情報技術を扱う科目が新設されたり,"プログラム"が科目名に表出するなど,情報処理学会からの提言内容に近いものが示された。現行のものよりは改善されていると認識している。
 
 -[[日本IBM、女子中高生のサマーキャンプ開催 ゲームとLEGO体験で未来の女性技術者を育成:http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070918/135145/]] 日経ビジネス オンライン 07/9/20
 --「ゲームのグラフィックは、コンピューターの計算式によって表現されている」ことを伝え,実際に簡単なプログラミングを行なってLEGOを制御する体験することで,情報技術に興味と関心を持たせるのは効果的だと考える。~
 どうでもいいことだが,写真は大和LabのA館オーディトリアムに見える。懐かしい。2ページ目に出てくる内永ゆか子氏は僕の大ボスでもあった。IBM大和を辞めて既に十数年が経過している…orz
 
 -世界史必修を維持 「未履修」対策示せず 中教審高校部会 北海道新聞 07/9/15
 -[[高校世界史は必修 中教審、現行維持を了承:http://www.asahi.com/edu/news/TKY200709140425.html]] 朝日新聞 07/9/15
 --国語,数学,外国語の三教科は「学習の基盤」との位置づけから,生徒が科目を選択する現行の「選択必修」ではなく,生徒全員が「国語総合」「数学I」「英語I」などの共通必履修科目を履修する方式に改めるそうだ。~
 これは「情報」について,情報処理学会が提案している趣旨と同じ発想だと考える。
 
 -[[高校の教科「情報」、2科目の選択必修提示 中教審部会:http://mainichi.jp/life/edu/news/20070914org00m300064000c.html]] 毎日新聞 07/9/14
 --「社会と情報」は現行のC+Aの一部(情報の発信・収集),「情報の科学」はB+Cの一部(情報ネットワーク)みたいな感じではないかと思う。前者の名称は「情報と社会」にして欲しいところだ。~
 「社会と情報」と「情報の科学」を生徒に選択させることはやはり難しいと思っている。理由を以下に述べる。~
 必履修科目を選択させる一般的な例として~
 ・理科の科目選択~
 ・芸術の科目選択~
 がある。両方とも,(教科の下の)科目の内容が大きく異なり,特に芸術については,教員の免許(美術,音楽,書道,…)まで異なる。理科も芸術も,どうやってこれを実現しているかというと,複数のクラスを合体させて,それを講座に分割する。すなわち,~
 ・A組+B組→生物+物理~
 とか~
 ・A組+B組+C組→美術+音楽+書道~
 としている。当然,担当教員は異なるし,教室も異なる。しかも,もともと教員も教室も複数持っている必要がある。それに比べて,情報は,教員も教室も単数でイケる訳だ。強いて2科目とも置かれるとすれば,それは1年次ではなく,2年次か3年次に設置し,文系コースは「社会と情報」,理系コースは「情報の科学」を自動的に選択するという形しかないだろう。今回の科目設定は,この形を加速させる,すなわち「情報」の1年次開設を減少させるのではないかと考えている。そうすると,今度の教科書は,2年生を想定して編集するべきだろう。~
 あと,総合的な学習の時間が105〜210単位時間(3〜6単位相当)だったものが,2単位程度以上に縮小されるので,それとの絡みも若干影響してくるかも知れない。総合学習との関係も考えて,2年次と3年次に1単位ずつ配置するということもあり得る。~
 今までは~
 ・A/B/Cの3科目だった~
 ・情報科教員が赴任する前にすでにカリキュラムが決められていた~
 ・文理ニュートラルな(無難な?)Aを選択した~
 という事情があったと思う。2科目になったことで,現在で言えばBかCを選択しなければならなくなった訳だ。履修割合は「社会と情報」が多数を占めるであろうと予想する。但し「社会と情報」が80%を超えるほど圧倒することはないだろう。「情報の科学」は少なくとも20%,うまく誘導すれば35%程度までは可能だと思っている。その根拠は,情報科教員の基礎教科だ。数学,理科などの理系教科の教員が多いので,プログラミングはどうかわからないが,本当はもっと情報科学をやりたがっているではないかと推察する。
 
 -中学で栽培やIT必修に 中教審技術家庭科部会が素案 産経新聞 07/9/12
 --中学校「技術・家庭」技術分野の「情報とコンピュータ」における~
 (5)コンピュータを利用したマルチメディアの活用~
 (6)プログラムと計測・制御~
 がともに必履修になると,高等学校「情報」が非常に組み立てやすくなる。歓迎すべきことだ。しかし,そんな時間が取れるのだろうか。~
 参考:「情報とコンピュータ」は中学校の総授業時数の約1.5%に過ぎない。
 
 -[[情報処理技術者試験 新試験制度の手引(案)[PDF]:http://www.jitec.jp/1_00topic/topic_20070907_public_comment_(1).pdf]] (独)情報処理推進機構 07/9/7
 --「記事」ではないが,情報処理技術者試験制度が大きく変わり,高校での教育へも少なからず影響を与えるであろうからここに挙げる。基本情報技術者試験のアルゴリズムとプログラミングで,従来からの,C,COBOL,Java,CASLに加え,表計算が加わることになった。高校生の多くは表計算で受験することが予想される。「手順的な自動処理」を表計算で指導することを考えねばならない。
 
 -教科「情報」 中教審専門部会で学習指導要領改訂の審議再開 毎日新聞 07/7/25
 --「教育課程部会『家庭、技術家庭、情報専門部会』が開かれ、情報教育の推進・強化を求める意見が相次いだ」というのが事実なら,教科「情報」存亡の危機は脱したと言える。
 
 -[[高等学校学習指導要領改訂に向けて(お願い)[PDF]:http://www.zen-koh-choh.jp/img/iken/070706/shidou.pdf]] 全国高等学校長協会 07/7/6
 --また懲りずにこんなものを出している。要旨は,1.「情報」は生徒間の能力差拡大傾向,2.指導教師充足困難,の2点である。その対応策は「必修科目からはずして選択教科にする」ことだそうだ。なぜそれが対応策なのか理解に苦しむ。また,これを「協議会参加のほぼ全員が,上記案を支持しています」だそうだ。「協議会参加のほぼ全員」は相当大した方々のようだ。また,履修さえすれば修得は求められない「必履修」を,修得まで求められる「必修」と誤るなど,やっぱり何も分かっていないことを露呈しているあたり,失笑してしまう。
 
 -「情報教育」に日韓共通の課題 毎日新聞 07/6/21
 --[[大学入試と情報フォーラム2007:http://sigps.tt.tuat.ac.jp/index.php?%C2%E7%B3%D8%C6%FE%BB%EE%A4%C8%BE%F0%CA%F3%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%E9%A5%E02007]]を報じてもらった。記事になって改めて見えた部分もある。資料集はまだ手に入るので,是非それも見て欲しい。
 
 -[[参議院文教科学委員会での質問:http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc.cgi?SESSION=23371&SAVED_RID=1&PAGE=0&POS=0&TOTAL=0&SRV_ID=9&DOC_ID=6147&DPAGE=1&DTOTAL=1&DPOS=1&SORT_DIR=1&SORT_TYPE=0&MODE=1&DMY=23972]] 第166回次参議院文教科学委員会13号 07/5/22
 --教科「情報」をもっと確りやるべきだと鈴木寛議員(民主)が質問している。都高情研からの働きかけも効いているのだろうか。
 
 -再調査で「未履修に当たらず」長田高の疑惑問題 神戸新聞 07/5/22
 --詭弁もここまでくると怒りを通り越して呆れてしまう。
 
 -必修教科「情報」の存続求める 指導要領改訂めぐり要望相次ぐ 毎日新聞 07/5/21
 --都高情研が中教審に対して4/26付で要望書を出している。いろんな視座からいろんな視点でこのような意見が出てくることを期待している。
 
 -[[普通教科「情報」必履修維持ならびに教科内容充実の要請書:http://www.ipsj.or.jp/03somu/teigen/v84-yousei070424.html]] 情報処理学会 07/5/7
 --我が国の情報教育を後退させることなく,情報処理学会が主導してあるべき方向へ推進して行って欲しいと願う。
 
 -[[パソコンで教科指導「できる100%」回答へ教委誘導:http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200704210030.html]] 朝日新聞 07/4/21
 --この手の調査は,体面を保つために「指導」という名の圧力がかかるのが定番。体面を保たねばならない理由は,見栄だったり,補助金だったり…
 
 -[[教師を超える情報活用能力を育てる─情報処理学会の提言とアメリカの情報技術教育の基準に照らして─:http://www.nichibun.net/case/ict/33/01.php]] ICT Education No.33 07/3/20
 --この時期に[[ジョーシン06:http://sigps.tt.tuat.ac.jp/joshin06.html]]の内容を紹介していただけたのは意義深い。
 
 -[[東大の「産業総論」で露呈 日本人の知力崩壊が始まった:http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070316_rotei/]] 日経BPネット 立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」 07/3/16
 --教科「情報」ではなく数学の重要性を強調しているが,科学的思考力はまさに教科「情報」でも主として扱う領域である。
 
 -教科「情報」を入試科目に 23大学で導入 毎日新聞 07/2/8
 --どんどん増えて欲しい。Aに限定せずA,B,C共通の内容を出題するのがトレンドのようだ。B限定も増えた。
 
 -教科「情報」の重要性再確認…北九州で高校教諭の研修会 読売新聞 07/1/6
 --記事には直接関係ないが,そろそろ教科研究会の全国組織化を考えたい。
 
 -[[高校でなぜ未履修が起きるのか---「情報」未履修問題を考える(1):http://blog.nikkeibp.co.jp/pconline/edu/2006/12/kanemune31.html]] 日経PCオンライン 06/12/20
 -[[「情報」の教員免許だけではなぜ先生になれない?---「情報」未履修問題を考える(2):http://blog.nikkeibp.co.jp/pconline/edu/2006/12/kanemune32.html]] 日経PCオンライン 06/12/27
 --このような形でどんどん広報していただきたい。
 
 -[[未履修補習で免許外教科担任が急増:http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=20061225101300cca4cdfabd]] KFB福島放送 06/12/25
 --8割以上が「情報」。「もともと免許を持った教員が少ない」なんてことはない。充分充足できるだけの数を「促成栽培」したはずだ。その15日間すら経験していない教員が指導する。もうめちゃめちゃだ。
 
 -[[「情報」教育を履修漏れ問題から考える:http://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion219.html]]  WASEDA.COM 06/12/18
 --その通り。このような意見が各方面から沸き上がって欲しい。
 
 -[[「日本の情報教育・情報処理教育に関する提言2005」のパブリックコメント対応について:http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/teigen/v82teigen-com1a.html]] 情報処理学会 06/12/12
 -[[日本の情報教育・情報処理教育に関する提言2005(2006.11改訂/追補版):http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/teigen/v81teigen-rev1a.html]] 情報処理学会 06/12/12
 -[[高校普通教科「情報」新・試作教科書 2006.12.11版[PDF]:http://www.ipsj.or.jp/12kyoiku/teigen/v83joho-text0612.pdf]] 情報処理学会 06/12/12
 --[[情報処理学会からの提言:http://www.ipsj.or.jp/03somu/teigen/]]で情報処理教育委員会からのものが目立つ。筧先生,久野先生,辰己先生を中心とした近年の積極的な活動は頼もしい限りだ。
 
 -高校39%「必修減らして」裁量拡大を、進学校の66% 京都新聞 06/12/9
 --指導教員の不足を問題点に挙げ選択科目化を希望するとは,論点のすり替え。
 
 -[[指導要領、私学しばらぬ 東京私立中学高等学校協会長に聞く:http://www.asahi.com/special/061027/TKY200612040133.html]] 朝日新聞 06/12/4
 --「私立が学習指導要領通りにやらなければいけないなら、存在意義はない」とは傲慢以外の何物でもない。
 
 -[[「免許外授業」申請ラッシュ 履修漏れ問題が契機:http://www.asahi.com/special/061027/TKY200612020315.html]] 朝日新聞 06/12/3
 --未履修問題で無免許授業が明らかになったことによるそうだが,これを教委が易々と認めてはいけない。教科「情報」やその教員がますます軽んじられることを助長することになる。
 
 -必修「読み替え」で「無免許」教諭授業も 朝日新聞 06/11/23
 --これがよければなんでもありだ。
 
 -教科「情報」の履修状況改善を提言 情報処理学会 毎日新聞 06/11/21
 --K先生やT先生の素早い行動に敬服。
 
 -[[必修漏れの補習、体育館で296人一斉に 土佐高校:http://www.asahi.com/special/061027/OSK200611130054.html]] 朝日新聞 06/11/13
 --体育館に全員を集めて大学教員の講演を聴かせることで履修したことにするとはよく考えたものだ。でもこれは裏技だ。
 
 -履修単位不足 「情報」未履修の問題点 毎日新聞 06/11/9
 --教科「情報」で履修時間や単位が不足している学校は159校に上るとのことだが,こんなの氷山の一角に過ぎない。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS